恋愛コラム|同棲開始に伴い、お金の話をしてみた結果!一生養うと言われた話。

恋愛,同棲,お金の話マッチングアプリ・コンサル

 

約4ヵ月のアプリ婚活を経て、研究者カレに「結婚前提に付き合ってください」と言われ、お付き合いを開始⇒8月から関東で同棲します。

 

それに伴い、二人で少しずつ「家族になる」ということを意識し始め、避けては通れないお金の話を先日しました。

 

その一部始終をコラム風に本日はお届けしたいな、と思います。

 

結論から言うと「ハニーはお金の心配を一切しなくていい!僕が一生かけてハニーと僕たちの子供を養う覚悟ができているから”結婚”に向かっているんだよ」

 

でした。

 

どうやら、老後まで不自由なく暮らせるように、覚悟を決めてくれたみたいです。

 

外国人と出会えるアプリはこちらから

>>【オススメ】外国人パートナーを作れるアプリ3選を徹底解説!

男の役目はパートナーや家族に不自由ない生活をさせること

 

カレのパパは外交官。ママは政府関係の医者から現在は開業医。

 

カレは言わゆる”おぼっちゃま”として育ってきた。

 

欲しいものは何でも買ってもらえたし、家系が資産家なだけあって、既に死ぬまで暮らすには充分な蓄えを持っている状態。

 

一生懸命、働いてママや子供、大家族をパパが養ってきた姿を見て育っているので、カレ自身「妻が生活のために働く」なんて男として甲斐性がないという証拠。

 

という古風な考えを持っている。

 

それと同時に「家庭では女性が絶対、かかあ天下」を好むタイプ。

 

私が、8月から生活費どうする?どうやって管理していく?

 

と聞くと・・・。

 

「ハニー、僕が君に生活費を出させると思う?例えまだカップルでも、僕はハニーと間もなく結婚するよ」

 

「だから僕は、ハニーと僕たちの子供に絶対に不自由のない生活を保障する!と覚悟を決めたんだ」

 

「ハニーが仕事を好きなことを知っている!だから、ハニーが働いて稼いだお金はあくまでも”おまけ”だよ。」

 

「一緒に旅行に行くとか、ハニーがいつまでも綺麗でいれるように洋服を買うとか、ネイルをするとか!好きなように使っていいんだよ」

 

甲斐性のある人とは分かっていたけれど、まさか生活費を一切求めないのはびっくりしましたね(笑)

 

後から聞いた話、別の収入源があるので、日本で働いて稼いでいるお給料は、全て貯金しているみたい。

 

実家が太いって、最強だな。

 

という本音が漏れてしまいました(笑)ほんと、カレのママやパパには感謝でいっぱいだし、この先は私が人生をかけて幸せにすると誓うよ。

 

\面白い動画を発見しました/

その代わり、カレが私に求める唯一のこと

「お金の心配はしなくていい!僕がどこで、どんな職種で働いているか知っているよね?心配ないでしょう?例え僕が病気で死んでも、僕の家族がサポートする

 

ここまで言い切ってくれたカレが唯一、私に求めること。

 

それが「家庭マネジメント」なんですね。

 

家を綺麗に保つとか(本人はすごく苦手)、健康に気を遣った料理を作るとか。

 

家族が幸せに、子供がまっすぐ、すくすく育つように家庭というチームにおいて、リーダーシップを発揮してほしい。

 

これをカレは私に望みます。

 

生活のために好きでもない仕事をして、心がギスギスしていたら、絶対に家庭や、ぼくたち夫婦は上手くいかなくなる。

 

だから「僕が一生、僕の家族を養うから」ハニーは僕が苦手で、できない家庭のマネジメントに注力してほしい。

 

と。

初めて子供を持つことに前向きになれたよ

 

今まで、何人か結婚を考えて付き合ったけど、子供を望まれたときに、どうしても一歩踏み出せずにいた・・・。

 

だって子供を1人産んで、育てるには「お金が必要」なのは否めないでしょう?

 

男性って当たり前のように子供を望むけれど、女性は現実的。

 

私は子育てと、キャリアをここ日本で両立する自信はなかったし、子供を持つなら、仕事よりも家庭を優先して、幸せな家族を築きたいと思っていた。

 

そんな中、カレから(仮?)プロポーズをされて、初めて子供を持つことに前向きになれたのです。

 

「この人となら、子供が欲しい」

 

これはもうね、本能的な部分があると思っていて、やはり女性は男性の狩り能力「稼ぐ力」=「家族を経済的に守る力」を重視するよね。

 

それを満たしてくれた人に出会ったのは、正直に言ってカレが初めてで、恵まれすぎていると思った。

 

世帯収入と子供の学力は比例するデータもあるし、夫婦が喧嘩や離婚をする理由の多くにお金があるのも事実だからね。

カレが求めることと、私が求めることが一致した結果

今後、カレと家族になったら、海外赴任や、子供のことを考えてカナダ移住の話まで具体的に出ているのです。

 

つまり私が日本でキャリアを長期的に築くのは非現実的。

 

そんな中、カレは私に家庭を優先することを望み、私はカレの経済力を求めたので、馬が合ったのでしょう・・・。

 

出会って結婚の話が出るまで、そんなに時間もかからなかったし、トントン拍子に同棲まで進んで準備をしています。

 

私がバリバリのキャリア志向なら、カレとは合わなかったし、カレがもし私にバリキャリを求めても上手くいかなかったと思う。

 

アプリ婚活においては、なるべく早い段階で、将来のことを話し合う方が上手くいくと思っています。