アラサー婚活論|海外旅行好き!をセルフブランディングするのはリスク?正しい考え方とは?

アラサー女子,セルフブランディング,婚活マッチングアプリ・コンサル

 

約4ヵ月のアプリ婚活を終え、結婚を前提に研究者の外国人彼とお付き合いを開始したAOIです!

 

このブログで一番人気の「アラサー婚活論」今回は”セルフブランディング”について考えていきます。

 

結論からお伝えすると、よく「海外旅行が大好き」というのを売りに、海外志向の日本人男性や外国人男性をターゲットにしている女子を見かけます。

 

このワード、プラスに働くこともあれば、”婚活”という場ではマイナスになることもあるので、正しいブランディングを解説していきます。

 

私自身、英語科卒業!20代前半でワーホリや海外留学経験ずみ、元英会話講師に毎年、海外旅行勢でした。

 

こんな記事も人気です

>>アラサー女子|婚活とは自分の価値と向き合うということ!見て見ぬふりではダメです

セルフブランディングってなに?

アメリカ人,年上,彼氏

セルフブランディング(せるふぶらんでぃんぐ、SelfBranding)とは。

 

企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。-wikipedia-

 

つまり婚活市場においても、とても重要な考え方の一つで「自身の特技や長所、特徴を相手にメリットを感じさせるプロモーションをすること。

 

そう、この”相手にメリットと感じさせる”がポイントなんです。

 

そこで本題に入ります!アラサー女子の中でも海外経験が豊富な人は、お相手にも同様に海外志向を求めますよね?

 

私もそのうちの1人でした。

 

海外の話ができない人、興味がない人、英語を話せない人とはどう頑張っても畑違いだと思っていたので、それはごく自然のこと。

 

しかし、そのせいか多くのアラサー女子が「私は海外経験が豊富=海外旅行が大好き」という短絡的なアピールをしてしまいがちです。

 

マッチングアプリのプロフィールに何十ヵ国もの国旗が並んでいたり(笑)

 

さて、それは婚活市場において本当に有利なのでしょうか?それを差別化と捉えることができるのでしょうか?ゆっくり見ていきましょう。

 

前提に「旅をお仕事」になさっている方やインフルエンサーの方は別です!彼女たちは経費で落とせるので、それはあくまでも”仕事”です。

 

こんな記事も書いています

>>アラサー婚活論|ハイスペック男性が家庭的な女性を求める理由【春が来た】

 

その前に、すてきな男性と出会いたい!家で手軽に始められるマッチングアプリで理想のダーリンと良縁に恵まれたい。

 

そんなアラサー女子には、マッチングアプリ研究科の私が全力でサポートさせていただきます。

 

LINE公式に登録後、30分無料で恋愛相談を承っておりますので、ぜひ一度お気軽にご連絡くださいませ。

AOI,マッチングアプリコンサルタント

 

マッチングアプリコンサル希望と✉ください

マッチングアプリコンサル希望の方はこちら

海外旅行大好き!を客観的に考えてみてほしい

 

まず率直な感想を男性目線でお伝えすると・・・。

 

「この女性めっちゃお金かかりそう」

 

これは否めないのではないでしょうか?

 

あくまでも婚活中ということは、お相手も恋愛ではなく、結婚生活を望んでいるはず。

 

恋愛は1人の人生に娯楽が加わるようなもの、対して結婚は”二人の生活”になるのですから。

 

ここからは私の個人的な意見です。

 

アラサー女子が若い女性と差別化をはかる際に「海外渡航歴」や「海外愛してる」の熱意と旅経験でブランディングするとかなりキツイと思う。

 

「この子と結婚したら年に何回、海外に行くのだろう?」とか「旅好き=落ち着かない」という一般的なイメージがつくのはお分かりでしょうか?

 

これはターゲットが外国人でも、海外志向の日本人男性でも同じです!”家族でノマド”願望のある、小さすぎるニーズにしか刺さらない。

年に1回や2回の海外旅行なら大抵の人が行っている

 

でね、年に1回~2回(これはちょっと多いかも)の海外旅行なら、ある程度、家計に余裕のある層は普通に行っています。

 

なので、もしこれを読んでいるあなたが婚活をする上で、お相手にこれぐらいの頻度で毎年、海外旅行に行きたいのであればなおさら・・・

 

「海外旅行が大好きです」でブランディングする価値と意味がないのです。

海外志向の人や外国人に刺さる正しいブランディング

 

さて、ではどのように自身の海外経験や、海外志向をブランディングすれば相手にとってプラスに働くのか?私の例を出しながらお伝えします。

 

マッチングアプリコンサル希望と✉ください

マッチングアプリコンサル希望の方はこちら

重要なのは海外で何をしてどう結婚生活に活かせるか?

「海外旅行大好き」や「海外を好きになったきっかけ」、「どこの国が好きか?」なんて内容は”友達”の会話でいいのです。

 

結婚を考える相手に、はたして彼は「あなたが海外を好きになったきっかけ」を本当に重要視すると思いますか?

 

大切なのは、あなたが海外で何をして、それをどう結婚生活に活かせるか?です。

 

例えば、私の彼は私を選んだ理由に以下のような要素があったから、と言います。

 

  1. 英語が話せるので自分の家族とも関係を築ける
  2. 海外経験が豊富なので、アメリカ赴任に帯同しても自分が仕事中、1人で楽しめそう
  3. 一緒に海外旅行を楽しめそう(おまけ要素)
  4. 海外でのベビーシッター経験が子育てに生きる
  5. 自分の外国人コミュニティでも問題なく溶け込める

 

こんな感じです。

 

このあたりを上手くブランディングしてアピールすると、あなたの海外経験や海外志向はプラスになります。

正直、海外志向ブランディングだけでは弱い

 

結局、結婚とは毎日の生活です。

 

年に1回、2回行く海外旅行は、非日常であって、娯楽!私自身も海外志向で、海外経験があるのでお気持ちはよく分かりますが・・・。

 

「海外経験」だけで差別化をはかるのは非常に難しく、やはりそれ以外の何か「生活的な部分」でブランディングをしないと。

 

逆の立場からすれば、結婚のイメージが湧かないと思います。

 

  1. 料理スキル
  2. 家事スキル
  3. 経済概念
  4. 経済力
  5. 子供を産みやすい”年齢”
  6. コミュニケーションスキル
  7. アラサー以上の女性としての品

 

とかね。

 

これにプラスアルファの要素として”海外志向”があると、ようやくかなり有利に差別化をはかれるのであって、何事もバランスは大切です。

 

私の彼は海外志向や経験の前に、私の料理スキルや、コミュニケーションスキル、物事を的確に論理的に考えてそれを伝えるディベートスキルに感動していました。

アラサー以上ほど国際婚活はハードモード

エンジニア,結婚,オススメ

 

最後に、日本の婚活市場で苦戦しているアラサー以上の女子たちがこぞって「だったら国際婚活だ!」と躍起になっているア〇ブロをよく見かけます。

 

とくに「欧米人は年齢に寛大だからそこを狙おう」と。

 

なぜ、欧米人男性たちが30代以上の女性に魅力を感じるのか?考えたことはありますか?

 

それは、欧米ではキャリア志向の女性が多く、30代を過ぎたあたりから充分なキャリア形成ができており、大人の女性としての落ち着きが色気に変わるから。

 

キャリアてきにも、経済的にもようやく基盤にのった女性が人気あるのであって、キャリアなし、恋愛依存、婚活に焦る女子が好まれるのではありません。

最後に:セルフブランディングは自己満ではない

セルフブランディングを深堀りしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

そもそも”ブランディング”とは企業や個人が商品を売るために、よりコンバーションを上げるにあたって行う戦略であって、自己満では意味がない。

 

アラサー婚活界隈をウォッチしていて「あー、ちょっとアピールポイントが残念」という女子を多くみかけます。

 

今一度、婚活市場でのセルフブランディングをよく考えて、プロフィールなり、デートを改善してみてくださいね。

 

ちょっとよく分からないという方は、マッチングアプリコンサルを行っているので、お気軽にお問合せくださいませ。

 

マッチングアプリコンサル希望と✉ください

マッチングアプリコンサル希望の方はこちら