アラサー女子のキャリア戦略|1年本気で「得意」と向き合ったら自分の価値が上がった話。

AOI,好きなこと,仕事オピニオン
スポンサーリンク

 

仕事は家族をも時には犠牲にするもの

 

これは本当だろうか?

 

私の両親は特殊な国家公務員の仕事だったこともあり、また時代が時代だったので幼い頃に離婚している。どうやら母のキャリア志向が合わなかったようだ。

 

以前、会社員だったころ、会社のために時間を捧げ、生活のために仕事をし、家庭との溝が深まる上司たちを見ながら育ってきた私は「大人になるとはこんなにも空しいのか」と思った。

 

どうにか好きなこと、得意なことで生きていけないか?と本気で1年間向き合ってきた軌跡を振り返ってみたいと思う。

 

結論、今の人生を変えたければ1年間、本気で「自分の得意なこと」と向き合うと、やがてそれが仕事につながる、ということを経験談を踏まえてお伝えしていきたい。

 

現在の人生に満足していない!何か変わるきっかけが欲しい!そんなアラサー女性たちに響けば嬉しい。

スポンサーリンク

人生100年時代、働き方を本気で考えた

伊勢神宮,内宮,杉

ホテル業界が長い私は、不規則、低賃金、過剰サービスによる精神の疲労などから、20代の前半は仕事に全てを捧げ、やがて病気になった。

 

まだ社会に出てものの数年

 

「このままでは身も心も持たない」と本気で思ったので、さて、どうやってこの先生きていこうか?どうぜ死ぬ間際まで働くのだから、好きなことや得意なことを仕事にしたい。

 

ちょうど世間の流れは、個人で稼ぐだとか個の時代と言われてたので、何か得意なことをスキルとして磨けば、それが仕事になるのではないか?と考えた。

 

満員電車に揺られる生活はもうできないし、したくなかったんですよね。あとは在宅ワークが案外あっていたというのもあります。

1年本気で「書くこと」と向き合ったら人生が変わった

昔から書くことが得意で、文章力はよく大人から褒められていた私。

 

1年前の3月、知人のアドバイスがきっかけで「書くこと」を「仕事」と捉えて本気で向き合うことになった。確かに振り返れば、これまで何かチャンスを掴むときは”文章力”が私を助けてくれていた。

 

>>私が18歳で大手企業に就職できたたった一つの理由

>>ブログ開設1年|夢を諦めなかったことで起こった変化3つと今後のこと

 

自身のメディア”外に出たくてしょうがない大人の旅育Cafe”を運営して1年、通算160本の記事を書いてきて(1記事平均4,000文字以上)文章力を鍛えてきた。

 

あわせてSNS主にツイッターでの発信にも力を入れている現在、SNS経由でお仕事の依頼を受けることも増えてきたので、このタイミングで今日の記事を書いている。

 

>>【ブログ/SNS】個人がSNSを頑張るべき理由5つ!発信力で人生を変えることは可能です。

1年前の私と今の私を比較してみた

ツイッターやブログでは何度か言っているのですが、1年前、私の文章の価値と言えば約30円(月収)だった(笑)なんなら、うまい棒1本分なんて月も。

 

唯一の得意な文章を書くことがお金にならないのか?と絶望を感じていたのもちょうど1年前のお話。

 

しかし1年後の今、ブログからの収益は毎月ホテルに宿泊できるほどはいただいていますし、何よりブログやSNS経由でお仕事の幅が広がったのが一番お伝えしたいこと。

 

  1. プロブロガーさんの媒体で金融記事を担当
  2. シェアハウスのSNSアンバサダーに就任
  3. ダイエットモニターとしてPR記事担当
  4. 若者向けメディアからインタビュー依頼
  5. 今秋からご縁のある企業様の公式SNS運営担当予定
  6. ブログ月間7,000PV突破

 

つまりお題のとおり、1年間、本気で自分の得意と向き合ったら「私」というブランドの価値が上がっていた。

何かを変えたければ犠牲にしなければいけないこともある

「人生を変えたい」と思いつつ、現状の生活や習慣、環境を変えられない人が多い。もちろん家庭を持っていたりそれぞれ事情はあるかもしれないけれど。

 

私は今この記事をアラサー独身女性限定で書いている。

 

私はどうにかして、働き方や仕事の概念を変えたかったので1年間引きこもり(笑)ひたすら勉強しながら手を動かすということに専念して今に至るわけです。

 

週末の女子会、オンライン飲み会、合コン、友達付き合いをまずは見直して”時間”の使い方や優先順位を考えなければ「得意なこと」や「好きなこと」を仕事にするのは厳しいと思う。

 

ある程度の孤独と戦う必要はあるし、何度も言うようだけれど本気で向き合って初めて現状が少しずつ変わっていく、今日、明日に激変するような魔法はない。

2年目は得意で「食べていく」フェーズにいる

1年が経ち、得意なことが仕事に変わることを肌身で実感した私の2年目の目標は「得意なことで食べていく」フェーズにいると思っている。

 

どういうことか?と言うと、より自身の価値を高めるためにスキルを磨くことはもちろん、市場価値を高めて対価としてお金をしっかりいただき、食べていく=会社員時代より稼ぐこと。

 

これが私の最終目標。