国際恋愛|ドイツ人年下男性とまさかのバレンタインデート?!誘われるコツ?割り勘?チョコレートは?

ドイツ人,デート,バレンタインマッチングアプリ・コンサル
スポンサーリンク

 

前回の「ドイツ人男性と実際にデートしてみた」記事が、かなり反響でした(笑)旅に恋するPRライターAOI(@shumemories)です。

 

例のドイツ人年下くんと、まさかのバレンタインにデートしました。

 

出会って間もない2回目のデート?がバレンタインだったのです。

 

 

そこで同じような境遇の方に向けて、「チョコレートどうする問題」や「お支払いは?」、2回目のデートに誘われるコツをご紹介します。

 

 

ドイツ人年下くんと初顔合わせ

>>【国際恋愛】ドイツ人は日本人に似ているって本当?実際にドイツ人男性とデートしてみた

 

ドイツ人男性のスペックはこんな感じ。

 

  • 出会い:デーティングアプリ
  • ドイツ人で日本へ留学中(大阪の短大で日本語専攻)
  • 25歳と、2つ年下
  • 数日前に誕生日
  • 専攻:コミュニティマネジメント
  • 海外多数、渡航歴あり
  • 日本やアジアが大好き
  • 去年10月に来日
  • 会話は全て英語

 

初対面の記事を読んだ上で、こちらの記事をお楽しみくださいね。

 

ドイツ人年下くんと初顔合わせ

>>【国際恋愛】ドイツ人は日本人に似ているって本当?実際にドイツ人男性とデートしてみた

 

スポンサーリンク

【結論:頼る】何気ない話から2回目のデートに誘われる

 

私がたまたま仕事で使うパソコンを探している話をしたら、「僕詳しいから一緒に見に行こう」と言ってくれました。

 

 

私は彼に対する特別な感情なしにしても、専攻がWeb系、キャリアもWebの世界にどっぷりはまっていた人なので、詳しいだろうと思い積極的に頼りました

 

これが次に繋がったのかな?

 

外国人と出会えるアプリ

>>【オススメ】外国人パートナーを作れるアプリ3選を徹底解説!

 

デーティング期間ってなに?

>>【国際恋愛】デーティング期間を徹底解説!マッチングアプリで外国人彼氏を作る方法

 

 チョコレートはお礼の名目で特別なものを

 

ここで、一つ問題が(笑)

 

今日はバレンタインデー!日本では女性から男性にチョコレートをあげる日なんですよね・・・困ったな、どうしようかと考えて、至った結論が「お礼としてチョコを渡す」です。

 

ちなみにドイツのバレンタインと言えば”夫婦やカップルの日”だそうなので躊躇しましたが、本人はこの日で大丈夫!とのことだったので会いました。

 

 

詳細は尊敬するトラベルライターの「はるぼぼさん」が記事にしてくださっています!気になる方はチェックしてみてくださいね~ドイツ人の旦那さんです。

 

そこで、伊勢丹でチョコレートフェアをしていたので、お目当てのチョコレートを探しに行きました!コンセプトは”日本のバレンタイン文化を楽しんでもらう”です。

 

 

京都にある「ベル アメール京都別邸」が創る、写真のような和柄のチョコレート!これ一択だと思い買いに行きました。外国人が喜びそうなデザインですよね。

 

地元の京都からということもあり、お礼のチョコレートに最適だと思ったんです。

 

\オンラインでも注文可能/

ベル アメール京都別邸

 

 

食べるのがもったいないぐらい!箱もずっと持っているね!」なんて言っていたので、相当気に入ってくれました!よかったです。

 

お支払いは割り勘

今回のプランもご要望にお応えしてお寿司

 

「僕、毎日でもお寿司食べれる」と言っていたので、せっかくだし、バレンタインだし?リクエストにお応えしました(笑)次回は中華に行きたいです。

 

この注文パッドから日本語を学ぶのが楽しいようです。

目新しい日本語に触れることがやりがいなんだとか。

 

 

 

日本人ってよく”生たまご”食べるよね?欧米ではその文化ないよ

 

と言って、寿司ネタから文化の話に派生できるので、お寿司はおすすめです!彼はたまごの巻寿司がお気に入りなので3皿連続で食べるなど、見ていても面白かった。

 

赤出汁も飲んでいて、魚の目玉にもとくに驚かず、興味津々でした。

 

ここで、気になるお支払い!前回は彼が誕生日だったのでご馳走しましたが、基本的にドイツでは「男女平等社会」なんだそうで、デートでも割り勘が主流と聞きました。

 

※よかれと思って何でも払ってしまうと相手のプライドを傷つけたり、財布の関係性になってしまうので注意が必要かと思います!いくら年下でも”男性”として扱うことがポイントかな。

 

【おまけ】支払い編/さじ加減が大切

 

その後、8万円でかなり高性能の用途にあったパソコンを店員さんと一緒に選んでくれました!そのお会計にカードを作らなければいけなかったり、時間を要したのが申し訳なくて。

 

購入をしてから、カフェへ入ったのですが、そこでは私がジュースをご馳走しました。

 

長く付き合わせてしまったからここは私がご馳走するね」と、一言添えると印象は違うと思います!本当に2~3時間かかってしまったので申し訳なくて(笑)

 

 

地下のテーブルで、人も少なかったのでここでチョコレートを渡したんです!本当は店内だと持ち込み禁止が多いですが、時と場合で状況を見て渡しました。

 

「実はお土産があって!素敵なパソコンに出会えたから、お礼にチョコレートもらってくれる?」、「日本では女性から男性に渡すのが主流」

 

なので、「日本で過ごす初めてのバレンタインが少しでも楽しい思い出になるといいなと思って選んできたよ!」と言って渡すと、すごく嬉しそうに、その場で開けてた(笑)

 

以上、要するに言い方次第で好印象

その後、しばらくお茶をして解散しました。

 

ここでのおさらいポイント!

 

  • 相手の得意を活かして、頼れそうなら頼る
  • 会って2回目、ガチでチョコを渡すと重いので「お礼」の名目で渡す
  • 基本的に割り勘!ラテマネーは場合によってはご馳走してもOK

 

このあたりが「出会って間もない2回目のデートが、まさかのバレンタイン(イベント)でどうしよう!」と悩んでいる方に役立つかな?と思います。

 

今後また進展があれば記事にしますし、なければまた次のネタができた頃に情報源として参考になるよう書いていきますね。

コメント