文章力を磨く=思考力を鍛える|女の外見は消耗品!中身をしっかり磨こう

女,外見,消耗品PRライター

 

最近インスタ始めました。

 

そこでよく見かけるいわゆる”美魔女”というやつに関してなのですが、「女は外見が全て」と思い込んでいる女性が多いこと、これにはびっくりしました。

 

あと、アメブロにも結構いますね!「恋愛カウンセラー」を名乗る女性たちはこぞって”男性から愛される女子になろう”キランッ★なんて言っているのを見て幻滅しました。

 

今日は、この巷でよく巻き起こる論争に終止符を打つべく、せっせと記事を書いております。

 

良い恋愛やパートナーシップを育みたければ、文章力を磨いて=思考力をつけることが大切!容姿は単なる消耗品だよ。

 

国際恋愛×旅情報を画像で解説

国際恋愛×旅情報をチェックする♥

 

 

 

 

女性の容姿に対するJPモルガン社長の名言

アメリカの大手コミュニティサイトに「金持ちの男性と結婚するにはどうすればいいの?」と投稿した女性に対し、米大手投資銀行・JPモルガンの社長が名解答をしました。

 

女性の投稿

 

正直に書こうと思います。

 

私は25歳で、かなり美人ですし、品もよく、センスもいいです。私は年収50万ドル(4000万円くらい)以上の男性と結婚したいと思います。

 

(中略)

 

私が聞きたいのは、あなたのようなお金持ちと結婚するためには、どうしたらいいのかと言うことです。

 

私が今までお付き合いした人の中で一番のお金持ちは、年収25万ドルの人だったのですが、年収25万ドルが限界なのかな、という気がしています。

 

(中略)

 

恐れ入りますが、次の質問に答えてもらえませんか?

 

  • お金持ちの独身男性はどこに集まっているのですか?(バーやレストラン、ジムの住所のリストがほしいです。)

 

  • 何歳くらいの人を狙ったらいいでしょう?

 

  • なぜ、お金持ちの妻達のほとんどが、特にかわいくもない平均的な容姿なのですか? 美人でもおもしろくもないのに、お金持ちと結婚した女の子を何人か知っています。

 

  • 結婚するか、付き合うだけで終わるかの決め手は何ですか?

 

引用:http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20120827/Pouch_79083.html

 

 

俗に言う港区女子でしょうか?かなりストレートな印象を受けますが、女性のみなさんなら一度は「ハイスペック男性との結婚生活」を夢見たことがあるのではないでしょうか?

 

こう質問する彼女に、社長は以下のような解答をしています。

 

モルガン社長の解答

 

あなたの投稿をおもしろく読みました。

 

おそらく、あなたと同じような疑問を持っている女性はたくさんいるでしょうね。あなたの状況を、プロの投資家として分析することをお許しください。

 

私の年収は50万ドル以上。あなたの希望に添っていますので、ここでこれを読むみなさんの時間をムダにしないのではないかと思っています。

 

ビジネスマンの視点に立って判断すると、あなたと結婚するのは悪い決断です理由はとても単純です。説明しましょう。

 

細かいことは抜きにして、あなたがやろうと思っていることは「美」と「お金」の交換です。Aさんが美を提供し、Bさんがそれに対してお金を払うのです。

 

フェアでわかりやすいですね。

 

しかし、ここには1つだけ重大な問題があります。「美」は、そのうち「なくなってしまう」ということです。しかし、「お金」はそうではありません

 

実際、私の年収は毎年上がり続けています。

 

しかし、あなたは毎年どんどん美しくなるでしょうか。つまり、経済的な観点から言うと、私は「魅力的な資産」ですが、あなたは「値下がりしていく資産」ということです。

 

しかも、「急激に値下がりする資産」なのです。もし「美」があなたの唯一の資産ならば、あなたの10年後の価値は、かなり心配すべきものでしょうね。

 

ウォールストリートでは、どんな取引にも「短期保有」と言うものがあります。あなたとデートすることは、「あなたを短期的に保有すること」です。

 

取引では、売買するものの価値が落ちるとわかれば、私たちはそれを売ってしまいます。「長期保有」することはないのです。

 

でも結婚は、「あなたを長期的に保有すること」なのです。

 

 

残酷なようですが、賢い選択をするなら、急激に価値が値下がりするものは、売ってしまうか、レンタルするくらいで十分なのです。

 

年収50万ドルを稼ぐ人はバカではありませんから、あなたとデートはしても、結婚することはないでしょう。

 

お金持ちと結婚するための方法を探すのはおやめなさい。それよりも、あなたが年収50万ドル稼ぐ人になるのです

 

これが私のアドバイスです。お金持ちのバカを探すよりも、ずっとチャンスがあると思いますよ。

 

引用:http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20120827/Pouch_79083.html

 

必要以上に外見に固執すると痛い目を見る

 

この社長が言うように、必要以上に”外見磨き”に固執をしてしまうと、30を過ぎてからかなり厳しくなるような気がします。

 

ブランド物に身をまとい、デパコスを買い揃え、美魔女を極めるのも良いですが、やがて消えていく「若さ」を頼りに中身を磨かなければ、歳を取ってから戦える武器がありません

 

人間、はやかれ遅かれ老いていくもの、年相応の”知性”や”経験”が次第に「30代からの美」になっていく。

 

アメリカでは老人が若い女性を奥さんにすることを「trophy wife」と言い、お飾りのような立ち位置を指す言葉があります。

 

トランプ大統領の夫人なんかが象徴ですね。

 

 

若いころは外見が美しいとチヤホヤされますし、本人も自分はモテるということを自負しています。

 

つまり「外見が武器になる」ということを知っているんですよね。

 

 

でも、長い目で見ると「その武器の威力は衰えていく」。だれも「老い」には逆らえない。

 

”外見”という武器だけを必死に磨いてきた人は、その武器で戦えなくなったときに手持ちの武器がなくなってしまう。

 

上記の女性の質問で「お金持ちの妻は別に容姿は美しくない」と書かれていましたが、その妻たちの武器は容姿ではないんです。

 

私が文章を書き続ける理由=思考力のトレーニング

私のアメリカ人の彼は高学歴、大手企業勤務のエンジニアさらには年収1,000万円プレイヤーです。

 

理系なだけあってかなり論理的思考を持っており、政治や情勢について議論をするのが大好きな彼!数字でのエビデンスがない限り、物事を信じませんし、根拠がないことは事実ではないと言います。

 

でね、そんな彼と結婚し、家族になるためにはやはり私自身、外見を磨くだけでは不十分なんですよね。

 

海外の時事やニュースに目を向け、さらには「自分の意見を持つ」ことが欠かせません。

 

Trophy wifeにはなりたくないからね。

 

そのためのトレーニングとして、ブログを継続して書き続けているんです!実にすばらしい訓練だと思っていて、「書くこと=文章力」「思考力を鍛える」と比例していると思っています。

 

地頭の良さは文章力に現れるって聞いたことありませんか?

 

完全に偏見ですが(笑)アメブロで活動する主婦さんには、どうもこの文章力が欠格していて「承認欲求丸出し」な内容を投下している方が多いように思いました。

 

私にとってブログはあくまでも”読者目線”が第一で、少しでもお役に立てるようにと書いているので、数をこなすだけ文章力は上がり、思考力も高まるサイクルを回しています。

 

まずは何でも良いから書くクセをつけよう

日記でもブログでもなんでも良い。

 

自分の考えや意見を文字で可視化して、思考を作る練習から始めてみることをオススメします!

あとは何事も”継続は力なり”です。

 

1年も続ければ、私が書いているようなレベルの文章は、書けるようになりますし、あらゆる場面で思考力や言語化スキルは役に立ちますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

コメント