【ニッチな旅】コロナでアメリカ人パートナーに会えないから「妄想旅行」1泊2日してきたin三重・名古屋

国際恋愛,妄想旅行,アメリカ人パートナー国内旅行
スポンサーリンク

 

コロナで2月までアメリカ人パートナーに会えないAOI(@shumemories)です。

 

ちょっと前に尊敬する先輩ブロガー、シドニー在住のふくちゃん先輩の提案で、国際恋愛界隈の一部で盛り上がりを見せた『妄想一時帰国』の旅記事。

(何度やっても先輩のツイッターアカウントはれない泣)

 

 

人によっては外国人パートナーさんと一緒に妄想一時帰国をなさっていたので

私も状況は違えど書けそう!と思い、この週末に行ってきた旅行記事を『アメリカ人パートナーとの1泊2日、日本妄想旅行』名付けて、旅記録を残しておこうと思います。

 

今回の妄想旅行の設定⇒すでにアメリカから日本へ私に会いに来ていて実家滞在中。

 

※痛いぐらいガッツリ妄想していくので、どうか漫才を見るような目で見守っていただけると幸いです(笑)では、さっそくレッツゴー!

 

 

地元人オススメ外国人彼氏と行きたい京都1泊2日の旅モデルコース

【京都】地元人がオススメする外国人彼氏と行きたい、1泊2日の京都旅行『モデルコース』※詳しすぎ

 

スポンサーリンク

1日目:【登山:三重県/御在所岳】朝6時に京都の実家を車で出発

 

5:15、彼を起こして二人で準備。

1日目のメインイベントは半日登山

 

まだ眠たくてグズグズしている彼を叩きお越して着替えさせること早30分、まだまだ登山は初心者なのでそれらしい格好を持っておらずとりあえずジムの服装で決めてやりました(笑)

 

まだお外は真っ暗。

 

6時になったので、安全運転を心がけていざ出発!

 

向かう先は三重県、四日市市

京都から高速走ること2時間ぐらいで着くので手軽に行けます。

 

サービスエリアで朝食

 

せっかく日本に来ているんだから「日本らしい定番の朝食」を食べさせてあげたかったので焼き魚定食を二人とも注文!魚が苦手な彼もよく頑張って食べました!これで山登れるね◎

 

※お昼に山頂で食べるお弁当もコンビニで仕入れOK

これで目的地まで残り1時間ぐらい。

 

 

朝のコーヒーもしっかりと飲んで眠気覚ましもOK!

 

9:00 御在所岳着、いざ登山開始

 

1合から10合まではだいたい3時間半。

途中、岩を登ったり、鎖を持って渡るみたいでドキドキ!

 

アリゾナにもたくさん山があって、彼もハイクングが趣味なので山には慣れているけどガチの登山はまだ初心者なので二人でちょっとビビリながらもいざ山頂めがけてしゅっぱーつ進行。

 

>>私も81キロでぽっちゃり(動ける方)彼もプーさんイケメン(笑)

 

 

始めから終始登りで、こんな岩をつたって上がっていく。

私も彼も「ゼーゼー」と息を切らして黙々と足を前に。

 

※あくまで妄想旅行です(笑)本当は家族で行っています!

 

まだまだ序盤ですがすでに挫折しそうでワロタ。

 

 

3合目まで歩くと、なんだか”ジュラシック〇ーク”みたいな景色がでてきました!後で知るのですがここからがいよいよ本番!覚悟しとけよ~と言わんばかりの入り口だったのです。

 

途中、適度に水分補給しながら前へ前へ。

 

山登りと共に『人生と一緒だね、一歩ずつ足を動かして登った人しか見えない景色があるんだよね』なんてエモイ事言えるのも多分3合目ぐらいまで。

 

この辺りからお互い沈黙、ひたすら頂上目指します。

 

 

2時間半登った先に「ここで半分」と書かれた山小屋はっけん。

試食のハチミツをぺろりしてエネルギー補給。

 

(プーさんイケメンだけにww)

 

しばらく呼吸を整えて、残り40分また歩きます。

 

登山の楽しさがまだ分からないほど苦しかったこの時は

12:30 頂上到着、ランチを食す

 

なんとか二人で登りきって山頂で記念写真。

『本当にしんどかったけど、すっごく楽しかったね』と更に愛が深まるまさに”大人の旅育

 

山頂で持参したお弁当を食べて、景色を堪能して。

 

これまでにないほどの達成感を共に共有して、「あぁ~この人がパートナーでよかったな」と改めて確認できた始めての共同経験だったこともあり終始満足げな彼と私。

 

13:00 帰りは景色を堪能するためロープウェイ

 

約15分ほどあるロープウェイに乗り込んで、下まで目指します!

標高1200メートルを超える山なだけあって高い。

 

 

日本の山を彼に見せてあげることができて幸せ。

これを機に、二人で登山を始めたいと思ったのでした。

 

15:00 名古屋市内のホテルチェックイン

 

四日市市から車で30分のところに、ドーミインPREMIUM名古屋栄があり(錦2丁目)15時にチェックインが可能なので、それをめがけてドライブ!街中の立地良い場所にありびっくり。

※立体駐車場あり

 

 

フロント内は無駄がなくこじんまりとした空間です。

無料のコーヒーマシーンが置いてあって、15時から飲み放題!

 

 

お部屋の様子/カップル用ダブルベッド

入ってすぐに物置があります。

 

服をかけるところもOK!

 

ユニットバスですがドーミインには、天然温泉があります。

 

ベッドはダブルルーム。カップルで仲良く寝るには最適!

>>【恋愛英会話】 アメリカ人の彼が理解できない日本人夫婦の性事情

 

ベッドのところに充電器もあるのがポイント高い。

 

疲れをとるために天然温泉へ

 

登山で二人とも思いっきり汗をかいたので、ホテル内にある温泉へGO!

天然温泉なのと、女性には嬉しいアメニティや化粧水類すべて完備。

 

 

待ち合わせ時間を確認していざ入浴。

中は写せなかったけど、露天風呂もあり、空いていて最高に疲れが取れました!

 

アメリカ人パートナーにとっては初めての温泉、他人と共有でお風呂に浸かるのもこの際、日本滞在の思い出として記憶に残しといてほしいな☆

 

 

お風呂上りはアイスクリーム無料のサービス◎

朝はヤクルトも無料でもらえます。

 

17:00 疲れをとりにマッサージ

 

ドーミインから繁華街の錦に向かって5分ほど歩くと、左手にマッサージ店がたくさん入ったビルがあります!夕食前に筋肉をほぐすため、指圧マッサージへレッツゴー。

 

 

カップルでそれぞれ60分、全身とヘッドマッサージをミックスのコースで施術してもらい、しばし癒しの時間を並んで過ごします。これで明日の筋肉痛は防げるはず!彼もご満悦の様子です。

 

なんども言いますが妄想旅行です(笑)

家族で行った旅行をモデルプランにしています

 

18:30 夕食は彼のためにステーキを食す

 

夜は、今日半日がんばって山登りを制覇した彼のためにステーキを食べようと思います。選んだおみせはこちら『名古屋ブッチャーズ』炭火焼きのステーキハウスです。

店内の様子/料理

洗練されたお店でとっても雰囲気◎

彼もそろそろアメリカが恋しくなっている頃かと思うのでステーキで元気出してほしいな。

 

とりあえずワインでかんぱーい。

 

このシーザーサラダは斬新!いいアイディアですね。

 

海鮮があまり好きではない彼のために砂肝とマッシュルームのアヒージョで。

 

肉屋特製のポテトサラダには炭火で焼いたベーコンがどーんと。

肉好きアメリカ人にはたまらんやつ。

 

ハラミとイチボのステーキは最高。

その他、ガーリックライスを食べて、チーズをつまんで、ごちそうさまでした。

 

21:00 ホテルに戻り就寝準備

もう一度温泉に入ったり、ドーミイン名物の夜鳴きラーメン食べたりして明日に備えて就寝。※夜鳴きラーメンは宿泊者には無料で提供されているラーメンです!すごいホスピタリティですよね。

2日目:ドーミインと言えばご当地グルメが有名な朝食

朝、7時頃から時計台や名古屋城を見にお散歩。

帰ってきてから待ちに待った朝ごはん※大人1人1,800円

朝食は小分けバイキング

名古屋と言えば”ひつまぶし”ですが、目前で作ってくれます。

日本のご当地グルメ文化を彼に堪能してもらうのは最高のサービスです!

 

 

アメリカ人の彼にも食べれそうな洋風なものもあるので、味覚が合わなくて悩むことはないしちょっぴり安心!食後のコーヒーを飲んでまったりチェックアウト。

 

今回泊まったカップル用のダブルベッドは1泊16,000円+地域クーポン4,000円付きです

 

予約経由やタイミング、時期やGo toによって異なるので、普段ご利用なさっている予約サイトもしくは公式HPから予約することをオススメします!

10:00 三重県 長島アウトレットでお買いもの

ホテルチェックアウト後は、車で走ること40分、三重にある長島スパーランドと並立している三井系列のアウトレットパークでお昼までお買いもの。

 

 

登山で覚醒されたため、二人でお揃いのバックパックを購入する。

これから色々な山登れるし、1泊2日の泊りにも使い勝手いいし即決。

 

お昼ごろまで、散策をしていざ、京都方面へ帰宅準備。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!

もう終盤です(笑)お付き合いくださいね。

 

12:00 お昼は三重の四日市で名物トンテキ食す

四日市駅のすぐ目の前にある、トンテキで有名なお店

トンテキちゃんで最後のグルメ!ご当地ということで、ポークを仕様した四日市市が誇るトンテキを彼と旅の最後に食べるのにチョイスしました(笑)

 

 

ボリューム満点!朝もしっかり食べたのに・・・。

でもご当地だけは食べておきたい!ということであっけなく完食する私たちカップル!『山も登って、美味しいご飯食べて幸せな1泊2日だったね~』って言って旅を〆ます。

 

15:00 帰宅

四日市から車で1時間半、ようやく実家へ帰宅。

充実した1泊2日の旅が終わりをむかえる。

 

最後に:今は会えないけれどできることがある

>>【国際遠距離恋愛を楽しむ秘訣】こんな時代こそ手紙が効果的!彼が喜ぶコツを紹介

>>【国際恋愛】在宅勤務でストレスを抱えるアメリカ人彼氏に、今できる3つのこと

 

わたしたちは2月に私がアメリカへ渡米する予定なので、それまでの我慢。

多くのカップルや人が大切な人に会えないもどかしさを感じています。

 

どうか、登山のように立ち止まりながら前を向き

大切な人に会えるその日』に向かって一歩ずつ進んでいきましょう。

 

 

コメント

  1. […] […]