【国際結婚の食文化問題】どれほど深刻?アメリカ人パートナーの1週間の食事を徹底調査!

国際結婚,カップル,食文化問題アメリカ生活
スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは!

現在アメリカ人パートナーと国際遠距離恋愛中のAOI(@shumemories)です。

 

今日は『国際カップルの食文化問題』について実際どれだけ文化の違いがあるのか?アメリカ人パートナーの1週間の食事徹底レポート結果と合わせてご紹介したいと思います。

 

結論、かなり食べているものが違うので、同棲を始めたら日本食も取り入れないと私がもたないと思ったよ(笑)

 

 

スポンサーリンク

アメリカはワンプレート文化

チキン,サラダ,シーザーサラダ

 

まず事前知識として、アメリカではこのように

ワンプレートの上に全てのせる文化があります。

 

日本では小鉢にたくさん何品も種類を作ってよそい、机の上にたくさんのおかずが並ぶのが一般的ですが、アメリカにそのような文化はありません。

 

洗い物も楽だし、たいていメインと副菜の2品ぐらいが当たり前

この写真は実際に彼が食べた夜ご飯。

鶏肉をグリルで焼いて、野菜を付け合せ。

 

日本人の私からすると準備が楽でいいよね!

たくさん作らなくて済むしお皿洗いも◎

 

アメリカ人パートナーの1週間食事レポ

月曜日:特製チリコンカン

チリコンカン,アメリカ

 

チリコンカンは通称”チリ”と呼ばれる

アメリカを代表する家庭料理の一つです。

 

テキサス南部が発祥と言われているため、南部料理として有名!

 

ひき肉と玉ねぎを炒めて、そこにトマトとチリパウダーで味をととのえる。

さらに水煮したインゲンマメを入れるのが主流で、彼もたまに入れています。

 

仕上げにチーズをまぶして完成!

このチリは比較的に簡単な料理なので、よく登場します。

 

 

いつもは缶を使って手抜きをしますが

気分によっては全ていちから手作りすることもあります。

 

 

缶じゃなくて、フレッシュなトマトを使うのがミソ。

 

 

アメリカに行けばチリのソース缶詰がたくさん売っています。

が、こだわりの強い人は調味料で味付けをすることも。

 

 

今回のはマメ抜きのチリです。

味付けはちょっと辛めにしてあります。

 

火曜日:チリオムレツ

チリオムレツ

 

1回で多めのチリを作るので

翌日は中身にチリを使い、オムレツにしました。

 

野菜たくさん使っているから、これだけでOKだそう(笑)

 

今夜もワンプレートディナーです!

 

水曜日:ステーキラーメン

 

ステーキもラーメンも食べたかったので

辛ラーメンの中にグリルで焼いたステーキどぼん(笑)

 

この発想はさすがになかったですね。

アメリカ人というより完全に彼流!

 

別々で食べた方がおいしそうなのですが、本人的には一つにまとめちゃえばお腹の中でどうせ一緒になるからいいんだそうです(笑)アメリカ人っぽい考え方でウケますね。

 

木曜日:ファーストフード

 

お仕事の締切に追われると、1日10時間以上はたらくこともあるので、そういう日はファーストフードで軽く済ませます。マクドナルドの日もたま~にあるんですけどね・・・。

 

今夜はBBQスタイルのごはん。

 

10分15分で食事を済ませて、お仕事再開です。

 

金曜日:特製の南部料理とちぎりパン

 

金曜日は仕事おさめなので、時間を作って手作り料理。

今日は南部ルイジアナ料理のジャンバラヤという海鮮パエリアと、手作りちぎりパン!ジャンバラヤはピラフのような見た目で、お好みで肉でも海鮮でも好きなものを入れるのが◎

 

 

彼はソーセージを使って作りました。

 

もともと料理が好きなので

楽しんで作っていました。

 

 

ちぎりパンは人生はじめての挑戦!

ちょっと分量を間違えたけど上手にできました。

 

残りは翌日の朝ごはんです。

土曜日:ステーキとマッシュポテト

 

アメリカど定番の料理、ステーキ!

自宅にBBQ用のグリルがあるので、じっくり炭火で焼いて、付け合せにポテトサラダを食べるっていうのが、アメリカ人にとってはソウルフードと言っても過言ではないかもしれません。

 

それにしてもポテトの量!

彼にとっては野菜摂取とのこと

 

アメリカでは、ステーキが大変安く手に入ります。

日本ほど国産が高くないので、ヘルシーな食べ物としても重宝されているんですね!アメリカのBBQと言えば基本的にステーキのことを指すので、家庭でも親しまれています。

 

日曜日:ステーキとポテト、アゲイン

 

ステーキは多くの場合2枚入りでディスカウントされています。

なので翌日も腐らせる前にステーキと余りもののポテト!

 

今日はポテトの上にチーズをのせてみました。

 

アメリカには基本的に一家に一台、BBQグリルがあるため、ディナーや週末のランチでも大活躍!パパたちはグリルマスターになるために最善の手を尽くします(笑)

 

国際結婚やカップルにおいて食文化は最優先

 

日本食と言えばこんなのがど定番。

これはとある日の私の朝食です!

 

彼の食事と比べてもかなり食文化に関して違いが見受けられます。

 

なので私たち国際カップルに重要なのは

お互いの食文化を尊重し、理解し合い、互いに歩み寄って

 

『日本食、アメリカスタイル』を取り入れながら※その他の国の料理含めて!世界各国の食事を楽しんでいくことがベストアンサーなんだと思うのです。

 

これから何十年共に過ごす中で、やはり食文化は最も大切な生活の一部始終です!それが合わずに離婚する夫婦も少なくありませんしね・・・。

 

国際カップルや国際結婚の食文化問題

永遠のテーマだと思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

コメント