【子供向け】なぜこんなに盛り上がる?2020年アメリカ大統領選挙が熱いわけ!

アメリカ,大統領選挙,アメリカ人アメリカ生活

 

みなさんこんにちは!

アメリカ人ダーリンと国際遠距離中のAOI(@shumemories)です。

 

いや~大統領選挙、盛り上がりましたね!

目が離せなくて、都度SNSチェックやニュースを見ていました。

 

90%以上の確率でバイデン氏に決まりましたが、今日はこの「アメリカ大統領選挙」についてなんでこんなに盛り上がるの?を、お伝えしていきます。

 

私たちカップルがどちらを支持したか?は一切挟まず、いち日本人として客観的にみたアメリカ大統領選挙のすごさをお伝えする記事になっています。

 

今回の選挙の登場人物を子供向けに解説

アメリカ,大統領選挙,アメリカ人

ドナルド・トランプ(共和党)

アメリカ,大統領選挙,アメリカ人

Official portrait of President Donald J. Trump, Friday, October 6, 2017. (Official White House photo by Shealah Craighead)

出典:wikipedia

現役の米国大統領。

海外在住日本人のツイッター界隈では通称「トラちゃん

現在1期を終え、今回の選挙に再選すれば2期目(計8年)に任命予定。

 

アメリカン・ファースト」=「白人主義者」とも言われている

違法移民や世界中からアメリカにくる移民によって本来アメリカ人(白人)の仕事が奪われてしまい貧困層が増えていることを懸念、アメリカの経済のためなら手段を選ばない。

トランプ支持者の多くは田舎の地域(南部)におり、年配の白人層からの支持が熱い。

米国大統領の中でたった1人、一度も戦争を起こさなかったことは評価が高い。

ツイッターのフォロワー8000万人のインフルエンサー。

 

※現役大統領が落選するのは1992年の大統領選挙以来、4人目。

 

ジョー・バイデン(民主党)

Official portrait of Vice President Joe Biden in his West Wing Office at the White House, Jan. 10, 2013. (Official White House Photo by David Lienemann)..This official White House photograph is being made available only for publication by news organizations and/or for personal use printing by the subject(s) of the photograph. The photograph may not be manipulated in any way and may not be used in commercial or political materials, advertisements, emails, products, promotions that in any way suggests approval or endorsement of the President, the First Family, or the White House.

出典:wikipedia

 

オバマ前大統領のときの副大統領。

過去、最高齢での当選を果たす。

 

・めちゃくちゃ平和主義なため「全てのアメリカ国民の為の政治」を重視

移民である黒人やヒスパニック、アジアなど差別なく全ての人にチャンスを!

・学費を無料にする、PhDを取った外国人には永住権を出す、などこれからのアメリカを対中国に負けないように活性化させるためには優秀な移民を積極的に受け入れたい。

・ジェンダー(性)や人種など全て関係なく、先進国として「多様性」溢れる本来のアメリカを取り戻したい。

※そのためNYCなどの移民が多い都市部、とくに差別や過激派を嫌うインテリな若者層から支持されている。

 

 

 カラマ・ハリス(民主党)

出典:wikipedia

 

バイデン氏のサポートとしてアメリカ史上初、女性副大統領に任命

 

・黒人、アジアにルーツを持つため「マイノリティ」に属す。

・「多様性」を求めるバイデン支持者から絶大なる人気。

・アメリカ史上初「セカンド・ジェントルマン」に彼女のパートナーがなるため、現代、最も重要とされている女性の社会進出や”ジェンダー差別”をなくす象徴になっている。

・バイデン氏は高齢のためおそらく2期目は難しく、ハリス氏による「アメリカ史上初の黒人女性大統領」が期待されているので今後の政治活動に注目。

 

ざっと、登場人物はこんな感じです。

 

過去4年間、「白人至上主義」を提唱するトランプ政権によって、国内で分断が起き、白人警察官による黒人男性殺害という痛ましい事件まで生み、米国民の怒りは爆発。

 

ここ数ヶ月デモが絶えない状況でした。

 

そんな中「全てのアメリカ国民に夢と希望を」と訴えかける民主党が多くの票を獲得することになったんですね。

 

 

時期アメリカ女性大統領の素晴らしいスピーチ

検察官やカリフォルニア州司法長官を務めあげた彼女の知的さはミシェル・オバマに並ぶ美しさだと思いますし、こんな女性が大統領になればアメリカも今と大きく変わることでしょう。

 

4年後2024年の大統領選挙がとっても楽しみです。

 

政治の話はタブーなアメリカ!でも選挙は別

 

アメリカでは政治の話をするのはタブー視されています。

と言うのも、政治は一種の宗教的概念であるため

 

喧嘩になるからWW

 

今回の選挙をめぐっても家庭内で意見が分かれて、離婚危機に陥った方や、実際に離婚をされた方までいました!それほどアメリカ人は政治に関心を持っています。

 

理由①直接生活に関わるから

今回の選挙でも言えることですが、自身の生活水準によってどちらを支持するか分かれるため、彼らにとって生活と政治はきっても切り離せないんですね。

 

移民たちに仕事を奪われた

 

と本気で考えている人にとってはトランプが神に見えます。

 

だけど、学校でしっかりと「ジェンダーや多様性」だとか世界の平和について学んだ若者たちはバイデンを支持しますし、学費がただになるかもしれない希望は計り知れないものです。

 

理由②愛国心が強いから

アメリカ人の愛国心は底知れず。

これからの若者たちのために、子供たちのために、次世代のために今より生きやすくて今より便利で、今より素晴らしい国にしていきたい、と多くの人がアメリカに希望を抱いています。

 

なので「自分の一票」が国を変える、とさえ信じているので政治活動にとても積極的ですし、それはすでに「自身のアイデンティティ」になっているんですね。

 

選挙が熱いアメリカの街中の様子

※私が一方的にフォローをしているアメリカ在住日本人の方のツイッターやYouTubeを引用します(とっても分かりやすい情報なため)

ちょっと前までは双方いがみ合ってぶつかっていました。

 

地域によって反応が違うのですが、バイデン氏が票を獲得したNYCの様子。

 

 

トランプタワーの前ではアンチトランプが「You are fired」って言ってるようです。

 

 

サンフランシスコの様子はこんな感じで街中が歓喜あまっているみたいですね。

落選のトランプ支持者の選挙後の様子は出てきませんでしたが、今後不正をしたとかしてないとかで暴動が起こることも懸念されています。

 

以上、「アメリカンドリーム」が健全であってほしい

いかがでしたでしょうか?

分かりやすくお届けできるように、資料材料をお借りしての記事になりましたが、熱気が伝わったかと思います。

 

私自身、来年からアメリカ移住を控えているので、「世界中の誰にでもチャンスがある」以前のアメリカンドリームが健全な魅力ある国に今後も発展してほしいな、と思います。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント