ただのデブスになるな!ぽっちゃり女子の私がハイスペックなアメリカ人の彼を虜にするわけ

ぽっちゃり女子,ハイスペック男子,モテるにはダイエット
スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは!

アメリカ人のダーリンから日々愛されてやまないAOI(@shumemories)です(笑)。

 

いや~ね~本当に愛を実感していて、幸せだなと思う毎日を過ごせているのも彼のマメな性格と、愛情表現と思いやりがあってこそだと思っているので私はラッキーだったなと思います。

 

さて、今日は私のブログの中でも一番人気の「ぽっちゃりネタ」をまた書いていこうと思うのですが、きっとあれですよね!写真比較がかなり面白くてウケているのではないでしょうか?(笑)

 

今日はなんの話かと言うと、「良い恋愛やパートナーに出会いたければ”ただのデブス”にはなるな!」現在80キロのぽっちゃりの私がハイスペックなアメリカ人の彼から愛されているワケをテーマに執筆していきますね。

 

なんでそんなに自己肯定感が高いの?と思っているそこのあなた!【81kg婚活論】+25キロ太った私の自己肯定感が高いわけ!恋愛で大切なたった一つのことを先に読んでみてくださいね~っ

 

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

ただのデブスは需要なし

最新の記事で、私たちぽっちゃり女性は一般的に言われている普通の恋愛市場では不利になるお話をしました!というのもたいていの男性は細見でモデル体型のような女性を好むからです。

 

だけど同時に、ある一定数から支持があるのも事実。

 

そんな時、化粧っけもなく、身なりに気を使わず、性格もブスで根暗な女性の需要があると思いますか?どんな人が好き好んでそのような人を選ぶのでしょうか?

 

そう、私たちぽっちゃり女性ならではの戦い方っていうのがありまして、それを抑えることができればあなたも甲斐性のあるハイスペックな男性を捕まえることができるかもしれません。

 

普段私がパートナーや異性と接するときに意識していることや、体型をカバーできるだけの魅力の作り方がいくつかあるので、お伝えしたいと思います。

 

>>【国際恋愛】デーティング期間を徹底解説!マッチングアプリで外国人彼氏を作る方法

 

ファッションには人一倍気を使うべし

 

色気のないデブはただの飛べない豚と一緒です。

色気というのは努力で作ることができるので、まずはファッションに興味関心を持って、自分に合った自分の好きな明るい服を着こなす練習からしてみましょう。

 

いつも茶色や黒色の地味な格好をしていませんか?

 

Tシャツにパンツスタイルで楽をしていませんか?

 

ヒールは履いていますか?

 

私は彼とは普段、ビデオ通話でコミュニケーションを取っていますが、出来る限り自分なりのオシャレをして身だしなみを整えて話すようにしています。これは最低限のマナーですね。

 

たまにスッピン、寝起きというスタイルもありますが、付き合う中で時間が経ち、素を見せれるようになった段階で手抜きしましたが、それでも出会った頃や今でも外に出るときは意識します。

 

何度も言うようですが、オーラや雰囲気は自分で作れるものです!いつも地味な服を着ているだけでは相手に魅力としてうつりませんよね?顔も映えないはずです。

 

ぽっちゃりの私たちが目指す場所は「雰囲気美人」体型をカバーできるだけの第一印象で美しいと思わすことができる雰囲気作りがなによりも大切です。

 

優しさと賢さをまとった話し方をしよう

私は昔から「声美人」とよく言われます。

私と直接お会いした方、話したことがある方はご納得いただけるのではないでしょうか?(笑)

 

自分でもチャームポイントは””だと思っていて、昔は男性に負けずとかなり気の強い性格でしたが年の功があってか今では随分と丸みのある話し方ができるようになりました。

 

女性らしい話し方

 

と言ってもただただ甲高い声にキャンキャン泣くように騒ぐのではなくて、奥深しい知性のある話し方をトレーニングして身に付けてきました。

 

もともとホテルウーマンだったので、そこで鍛えられたこともありますが、年間100冊近い本を読み、教養を養い、それをブログやSNS、リアルでの会話でアウトプットしながら訓練。

 

仕事を通してビジネスパーソンの方と話したり、経営者の方と話す中でじょじょに「優しさの中にも賢明さがある話し方」を学んできたつもりです。

 

あいにく、彼とは英語なのでそこまで語彙がなく、私の魅力が伝わっていないかもしれませんが、声のトーンや、話すスピードから”育ち”が伺えるような状態を意識しています。

 

教養を身に付けよう

 

どうですか?私、バカっぽいですかね?(笑)

教養と内面(性格)は自然と外見に現れるものです。

 

もともと勉強が好きでビジネスを学んだり、社会経済や歴史が好きなので、国際情勢や国際政治なども独学で学んできました。

 

職場や国際イベントに行くと年上の方とビジネスの話や、アメリカの政治の話、経済の話が最低限はできるようにいつも準備はしているつもりで、暇さえあればニュースのチェックもしています。

 

私が何度もこの場で言う

 

ただのデブスになるな

 

とは、外見や体型を上回るほどの”人として”の魅力がなければいけません!それが例えば教養だったりファッションセンスだったり、ひと目で見たときに「この人、花がある」と思われること。

 

スタイルはそんなに良くないし、顔も普通だけど、どこかこう、この人がまとっているオーラはすごく明るいね!というのが理想でしょう。

 

色々なことを経験して話し上手になる

 

私は昔、沖縄県の小浜島という小さい島に3年住んでいて、毎晩天の川を見たり綺麗な海を眺める生活をしていました。

 

かと思ったらフィリピンへ留学したり、カナダのイエローナイフというオーロラが見える街で仕事を見つけてベビーシッターをしていました。

 

23歳で社会人から学生になり英語科の学位をとったり、2週間だけ国家公務員の海上自衛隊で訓練を受けたこともあるし、ニューヨークでは治安の悪いブロンクスで銃声も聞きました。

 

つまり何が言いたいかと言うと

 

色々な人生経験を重ねてきた人は話す中でも話題の引出しが多くて、話していて面白いんですよね!逆にいつも変わらない日常を送ってつまらなさそうにしていては惹きつけられません。

 

明るい服を着て、教養と知性があってかつ、話題も豊富な人ってそれだけで魅力的にうつりませんか?私はそう思うので例え20代後半になろうと新しいことにどんどん挑戦したいです。

 

笑いのセンスを磨く(ユーモア大事)

ぽっちゃり女子,ハイスペック男子,モテるには

 

私があえてこの黒歴史画像を使うのも、ある意味笑いを狙っている!のです(笑)ほんとだったらこんなブサイクな写真、人様に見せたくないし、墓場まで持っていきたいぐらいです。

 

だけど、それよりもこれを読んでくれている「あなた」が少しでも”面白い”と思ってくれたら嬉しいし、ある意味、コメディアンのような意識をしながらブログを書いています。

 

女性だからと言って、いつも男性に笑わせてもらう、何かしてもらう、リードしてもらうなど、もらう!もらう!のTakerになっていてはダメです!まずは自分がGiverになることが大切。

 

下品な笑いではなくて、知的さとユーモアを掛け合わせた笑いを自然にとれる女性って頭が賢くないとできないですし、一緒にいて楽しいな、という印象を与えることができます。

 

以上:脱デブスで素敵な彼をゲットしよう

ぽっちゃり女性は見方を変えたら、すごく魅力溢れていますし、そこそこ需要があるのも事実です!残念なのは諦めてThe デブスに成り下がっていること。

 

こじらせたり、女子グループといつまでもわちゃわちゃつるんだり、年齢に合わせて自身をアップデートできていなかったり、要因はさまざまですがちょっとの努力で変われます。

 

コンプレックスを上手くカバーしてそれをより魅力に変えることさえできれば、あなたも素敵なパートナーと素晴らしい恋愛ができること間違いなし。

 

悲観的になったり、ネガティブになるとそこからデブスへの入り口へ引きずり込まれるので、今の「自分」という素材をしっかりと活かして、雰囲気美人を目指しましょう。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次回お会いしましょう。

 

 

 

 

コメント