【自己肯定感】25キロ太った私に起こったメンタルの変化!アメリカ人パートナー最強説

太った,心,変化ダイエット
スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは!

コロナ太りとはまさしく私のことです!と声を大にして言いたいAOI(@shumemories)です。

 

昨日、ダイエット記事1発目を書いたところ、かなり多くの反響があったのでびっくりしています(笑)やっぱり写真の効果だったかな・・・。

 

ブロガーとしては恥をしのんで書いた甲斐がありました!誰かの勇気や支えになるととっても嬉しいし、ブログをする意味があるので、幸せだな~と思います。

 

 

そしてあれだけ国際恋愛しかり恋愛に関してプロのように振る舞っていた私ですが蓋を開ければダイエッターなんて、信頼を失ったでしょうか?(笑)

 

しかし安心してください、昔は誰かまわず遊び人の男性や、浮気性な男性が寄ってきてはゲンナリしていましたが、太ったことで「本当に私を中身で見てくれる人」が周りに増えました。

 

今のアメリカ人のパートナーが典型的なのですが、今日は、それでも25キロも太れば少なからず身体以外にも変化が訪れます・・・

 

「心の変化」を主軸に、「自分を好きになる」ことについて語りたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

太ったことで起こったメンタルの変化

 

以前の平均体重はだいたい55キロ前後でした。

今日の朝はかった体重は81.8キロでした。

 

つまり、25キロ少し合計で太ったことになります!何があったの?と思われる方も多いでしょうが不規則な生活、仕事でのストレス、コロナ自粛とさまざまな原因が重なったんです。

 

私の性格上ストレスに弱く、はけ口を食に走ることもあり、太ることはそんなに難しくはなかったように思います、かといって恋愛とは無縁というわけでもなく、それなりに充実していました。

 

しかし65キロを超えてきたあたりからじょじょにメンタルの変化が見受けられたので、記録のためにもその変化を残しておきたいと思います。

 

目標は1年後「30キロ痩せたことで起こったメンタルの変化」を書くことです!

 

写真を嫌うようになった

 

人生に一度はダイエットしたことがある人なら、共感していただけるであろうこの気持ち、知人の主催するイベントや友人との出かけ先で撮ることがあった写メを避けるようになりました。

 

後で見返して、自分の丸さにがっかりするし、他の美人な人と比べてへこむのはお分かりのとおりです!なのでダイエット用もしくはどうしても、とお願いされた家族写真しか撮りません。

 

以前は好んでたくさん写真を撮るタイプの人間でしたがめっきり変化したと思います。

 

人に会うのが嫌になった(引きこもり)

これはブログを始めたこと、毎日パートナーと1時間はテレビ電話をしていることから家にいる時間が必然的に増えて、久しぶりに会う人や、知人と会うのが億劫になりました。

 

会うと「どうしたの?!」や「太りすぎ!」と言われることが目に見えているので、最近は言語交換のイベント以外、友人や知人と遊びに行くこともありません。

 

今年1年は結婚に備えてダイエットに専念したいので仕事もこのままパート、引き続きジム以外は引きこもってお金の勉強や投資の勉強をして数少ない給料を貯金する予定です。

 

>>関連記事

【アフターコロナ】外出が億劫になったので引きこもって投資の勉強することにした。

人生100年時代!リモートワークのメリットと妄想話あれこれ

【年金、株式投資】これであなたも素敵な妻に!お金の勉強に役立つ動画をご紹介

 

自分に自信が持てなくなった

昨日の記事にも書いたとおり、正直に言うと以前はかなりモテました。

人から注目を集めたい性格なのもあり、どこかしらのコミュニティに属すと必ず注目される立ち位置でしたし、仕事も向上心があったので、以前の私を知る人はバリキャリイメージだと思います。

 

しかし、ここ最近、とくに内定切りにあってから太った結果、自分に自信が持てなくなりました。可愛い服も着れないし、身体も重いし、その結果、以前のような積極的さも減ったんです

 

それでもやっぱり今の自分を好きになる努力は怠っていません、その過程でこうしてブログにすることもできました!進歩です。

 

だけど悪いことだけではない

さんざん太ったあとに起こったメンタルの変化を挙げましたが、考えてみると悪いことばかりではないのも事実です、決してネガティブになっているわけではなくむしろ今後の自分が楽しみです。

 

そこにはやはりアメリカ人パートナーの愛なしでは絶対に前向きでいられないので、心から感謝していると同時に私は本当に幸せ者だな~と思いますので、それについて少し触れますね。

 

アメリカ人パートナーがダイエット成功者

まず、最初に言っておくと、私は痩せているときよりも今の方が断然、幸せな恋愛をしています。それは今の私を全て受け入れてくれるパートナーがいるからなのですが・・・。

 

私のパートナーは高身長、体重も結構あります。

 

そして過去に20キロ近く自力で落としたことがあるダイエット成功者なので、食事に関して、運動や筋トレ、また心のケアまで進んでサポートしてくれます。

 

なので孤独を感じることもない、受け入れてくれてそれでも今の私を愛してくれている、という信頼関係が今の私自身の心の良い状態を保ってくれています。

 

実は二人でダイエット中

私がこの「婚前企画、素敵な花嫁への道プロジェクト」をすると同時に彼もダイエットのために剣道を習う!と言って二人で一緒にダイエットに励むことにしました。

 

毎日、お互いの体重を報告し合い、少しでも減るとおおげさなくらい褒めて「I’m proud of you」と言ってくれます。

 

こんなに太った私でも、受け入れてくれて愛してくれる人がいる、と思うと以前はモテたにも関わらず私の中身を見てくれてその上で一緒にいたいと言ってくれる人がこの世に1人いることの幸せは底知れず。

 

1人でダイエットは孤独で仕方ない方へ

痩せて人生を変えたい!まさに今私と同じ気持ちでいるそこのあなたにオススメ。

「結果にコミットする」でおなじみの完全個室のプライベートジムRIZAPでは、完全プライベートでマンツーマン指導、食事管理だけでなく、メンタルケアも行ってくれるのが高ポイントです。

 

30日間無条件全額返金保証 ・1日50分、週に2回の無理のないトレーニングで理想の身体を手に入れてみてはいかがでしょうか?なんと言ってもプロがリバウンドしにく身体に仕上げてくれます。

 

\無料で相談可能・2ヶ月で理想の身体へ/



 

私も1人では絶対にダイエットを成功することはできません、パートナーのサポートありきで現在モチベーションが上がっているので、無理に1人で悩まず、まずは気軽に相談するもよしです◎

 

以前に比べて自尊心が高い

※先ほどの証明写真から少し太った状態だけど今より10キロは確実に痩せている

 

パートナーは毎日「I love you」だとか「かわいい」だとか「君が出会ってきた中で一番だ」と言ってくれます、そう言われると人間嬉しいもので、もっと綺麗になって恥じない自分でいたい。

 

とやる気に火をつけてくれるのもメリットだと思います。

 

「僕は君が痩せているから好きになったわけではない、君の冒険心溢れる姿と、優しさとバイタリティに惚れたんだ」なんて言ってくれるので、恋愛面だけで見るといい恋愛ができていますね。

 

自分を人体実験できる

少し前までは太ってしまった事実を受け入れられず、途方に暮れていましたが、最近は考え方を変えてポジティブになり、いっそうのことダイエットを成功させてこれを仕事にしよう!と。

 

つまり、自身の-30キロダイエットを成功させてアメリカでニーズのありそうなダイエットアドバイザーに転身しようと企んでいます。

 

その人体実験をする材料にはもってこいの素材だということに気づいてからは、わりと将来がワクワクしています!こんなチャンスないし、過去に人って自力でダイエットしたというキャリアがあれば顧客もつきそうな予感ですしね。

 

以上、意外にも幸せだったりする

さて、赤裸々に語ってみましたがいかがでしたでしょうか?

「それ共感できる~」という人や「これ読んで絶対に太りたくない」と思った方も多いはず、そう気づきになれば書いて良かったな~と思います。

 

起きたことは仕方がないので、それを次にどうつなげるか?

 

ネガティブになっていても仕方ないので、どうポジティブに変えていくか?80キロまでそう太れる人ってまあ、いないと思うのですが、その経験が+に活きる時が絶対にくるはずなんです。

 

今回は太ってから起きたメンタルの変化について書きましたが、細い人でも何かしらのコンプレックスから同じような気持ちになったことがある人もいるはず。

 

だけど自分の状況を変えられるのは自分しかいません。

 

どうか悲観的にならず、明るく元気に今日一日を過ごせる自分を褒めてあげましょう。

 

それではまた次回の記事もお楽しみに~

 

 

コメント