【夢の叶え方】ディズニーに支えられている私の人生

夢,叶え方,考え方雑記
スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは!

5年前、座右の銘と共に日本を飛び出し、人生をもがいていたAOIです(笑)今日は、何の有益にもならない内容ですが、ちょっとここらで「」について語らせてください。

 

私の人生はディズニーと切ってもきれなくて、勝手に運命感じてるわけですが、大切な節目で必ず大きな役割を果たしてくれるのです。

 

小学校の頃から私はディズニーとUSJに支えられて夢を確実に叶えることができていたので、その過程と「夢を叶える人生とは?」をみなさんと一緒に考えてみたいと思い、今筆をとっています。

 

なかなか普段の生活に戻り、ゆっくりと、人生とは?あなたの夢とは?

と考える時間がなくなると思うので、この記事を読みながら今一度、叶えたい夢を思い出すきっかけになると書いた甲斐があったな~と思えるので、コーヒーと一緒にお楽しみください。

 

アメリカ人の彼とは4年後にフロリダのオーランドで家を構える予定ですし、これまたディズニーに引き寄せられたご縁だと思います。

 

【スタッフ教育者向け】

サービス業向けの一冊。人生においての永遠の課題である「教育」。本書を読めば、教育とはどういうものなのか、どうすれば下のもに伝えることができるのか、そのあたりが分かります。ディズニーランドは天使の仕事ということ。

そのことが実感できる職場でお客さんのために何ができるのかを学びは多いと思う。ハッピーになると決めて来場したお客さんに対してその夢を絶対に壊してはいけない。プロのようにうまくいかなくてもいい、大切なことはアルバイトスタッフであっても一生懸命にそのことに対して取り組んでいるという姿勢が大事であると学びました。

 

スポンサーリンク

私の座右の銘

ディズニー

Photo by Travis Gergen on Unsplash

 

私の座右の銘は

If you can dream it, you can do it!

ディズニーの創業者である、ウォルト・ディズニーの名言です。

 

この言葉を自身の指針とし、当時21歳でフィリピンに渡りました。英語を話したこともない状態、海外にも行ったことがない私にとって、成功する留学をするための心の支えだったのです。

 

それから、事あるごとにこの言葉を大切にしながらもさまざまなことに挑戦を重ねてきました。「もしあなたが夢みることができれば、それを叶えることができる」勇気がでますよね。

 

ディズニーとUSJの人事担当との出会い

2018年から2020年まで短期大学に通っていたのですが、当初、今後の進路や職種に迷いが生じる中で、受講していた「ホスピタリティ論」の先生が元USJの人事担当でした。

 

その紹介で東京ディズニーランドの人事担当の方をお招きし、講義があったのですが、ずっと憧れていたテーマパークのしかも人事の方の授業!もうそれは興奮がピークに達していました。

 

授業の内容はやはり国内最高峰、または世界を筆頭するユニバとディズニー!「人を心からもてなす」ということ、「人を幸せにする仕事」という観点からも刺激MAXで、一生忘れられない時間となったのです。

 

その頃からザックリとテーマパークで働いてみたい!だとかホテルでもディズニーに関した会社で働いてみたい(元ホテル業界出身)という熱が込み上げてきたのもこの頃からです。

 

三越のディズニーワールドで働くプロジェクトを調べたり、ディズニークルーズで働くために調べたりしました。

 

もともとアメリカの大学に行くために計画はしていたけれど、今の彼と出会ってからはトントン拍子で、フロリダ移住計画の話がでてきて、しかも場所は世界のテーマパークシティ、オーランドなのです。

 

【仕事の本質を学べる1冊】

ディズニーの閉園後の掃除係という地味な仕事だけど誇りを持ってあたっている人の話を綴った4編の短編小説集。高いプロ意識と細やかで優しい気持ちがゲストを満足させる。

東京ディズニーランドのオープンと共にナイトカストーディアル(夜間清掃)を任され、アメリカのディズニーからやってきた「掃除の神様」から学んだことをベースに作られた働くことの意味を問う物語。主人公がそれぞれ異なる4つの連作短編形式で、あっさり読める。

「仕事にプロ意識を持つ」ということ。自分の仕事に負い目を感じていたり、嫌っていたりすると、それははたらく人にとっても辛い。仕事を好きになり、誇りを持てるようになることの重要性が描かれている。

 

夢は勝手に叶わない、自らの行動が大切

ディズニー

Photo by Gui Avelar on Unsplash

 

少し小学校の頃のお話をさせてください。

 

小学生の頃バスケットを習っており、6年生の最後の全国大会出場をかけた大会で、私は”勝つ”以外に道はありませんでした。

 

と言うのも、私は別の小学校から1人通っていたので、このトーナメントで負けてしまうと自分の小学校の卒業旅行に行くはずのUSJに友達と行けなくなる、という場面でした。

 

しかし、優勝すれば日程てきに小学校からUSJと、バスケットの全国大会の会場が千葉だったので同じ月にディズニーランドまで行ける!というスペシャルなスケジュールだったのです。

 

結果、どちらも行きたい!の一心で接戦の末、大阪も千葉も行きましたし、学校とバスケの友人、両方との思い出作りができました。

 

その後、大人になっても「海外で働きたい!」と強引に仕事を辞めて、当時付き合っていた彼とも別れてフィリピンやカナダへ渡加しましたし、大人になってから大学受験も経験しました。

 

そう、「夢を見る」ことは勝手ですし誰にでもできます。今これを読んでいるあなたも、今日この日から夢を見ることはできますよね?

 

なら、何が難しいのか?

 

それは、「その夢を叶えること」は誰にでもできるわけではないのです。当たり前のことですが、何もしなければ叶いません、夢から近寄ってきてもくれません、自ら掴みに行くのです。

 

バスケットでの全国大会、高卒からの大手企業就職、海外就職に留学、ワーホリ、社会人進学、国際恋愛、国際結婚にアメリカ移住など予定のイベント含めても私は夢を叶えてきた方かと思いますし、粘り強さだけが取り柄なので、そう自負しています。

 

夢を叶えたいのであれば、それ相応の努力と行動力が必要かと思いますし、誰にだってチャンスはあるものです!あなたには夢や目標がありますか?それはどれぐらい本気で思っていますか?

 

【ディズニーの傑作】

常に相手のことを考えること、ベストを尽くすこと。それが最高のおもてなしとなり、感動を作る。些細なことに、ありがとうと言えるようにと 改めて大事なことを確認できる1冊。

「人に何かをしてあげたい」そういう精神がサービスにつながり、それが結果としてビジネスにもつながっていくのだろうと考えさせられるし、まず利益を優先で考えてしまいますが、重要なのはそこではなく、サービスを受けた感謝の気持ちとしてお客様からお金をいただく。

 

 

夢を叶える人の特徴

夢

 

「引き寄せの法則」私はこれを本気で信じています。

 

だって、ディズニーランドとUSJで叶えた全国大会、座右の銘から決心できた海外生活!の先に待ちわびていたオーロラ人生、20代後半の生き方を彷徨っていたときに出会ったホスピタリティ論の授業や人事担当者との時間が、今の彼との人生を決心させてくれました。

 

「いつかアメリカに住みたい」と願い続け、「アメリカのディズニーで働きたい」とホストマザーにも相談していた過去があり、今こうして将来はオーランドに住む未来に向かってる。

 

私の先輩にも次々と良いご縁に恵まれて、海外で謳歌している人たちが大勢いるので、夢を叶える人の特徴をまとめてみますね!

 

ポジティブ

とにかくポジティブ!これに尽きる。

「なんとかなるよ」とある意味、楽観的で人生なるようになるよ~と、ご縁やタイミングを大切にしている人はかなりの確率で、自分の望む生き方をしています。私もそちら側かな?と思いますが、「起こることには全て意味がある」良い出会いも、辛い経験も全て含めて。

 

感謝の気持ちを忘れない

これは、実家を出て暮らしてみたり、自分でお金を稼ぐようになってから気づくものですが、とにかくこれまで私と出会ってくださった方に感謝の気持ちは持つようにしています。

 

もちろん素敵な人もいれば、意地悪な人もいっぱい出会ってきましたが、先ほども述べたように「この人と出会ったということは、神様が私に何か課題を出してくださっている」と思うようにしていますし、そのような題材になってくれることに感謝したりする。

 

信じる力

あなたは、どれだけ本気で自分の力を信じていますか?どれだけ本気で「私にはできる」と言い聞かせていますか?大前提として自分を信じる力が強い人は、夢を叶えられる傾向にあります。

 

私の先輩はインドネシアでビジネスをしていたり、ネイリストとして海外を飛び回っていたり、自らの力とご縁で人生を切り開く人が多くいます。

 

彼女たちは、どこまでも自分の力を信じているからこそ思い描く人生を歩めるのだと最近になってものすごく納得しますね。私自身、アメリカは幼い頃からロマンでしたしまさか国際恋愛をするとも思っていなかったですが、英語と向き合い、視野を広げてきた結果だと思います。

 

直観力が鋭い

二択で迷ったときに、迷わず自らが進むべき道が分かる!という人は直観力に優れていると思います。わりと私もそのようなタイプで、「なんか嫌な気がする」というときは辞めますし、「こっちに行くべき」と感じたら、すぐに方向転換します。

 

人と付き合うときも同じで、あまりにも”周波”が違う人とは距離を取りますし、なるべく居心地が良い!と第一印象で感じた人と付き合うようにしています。

 

 

想像力が豊か

夢とは想像力です。まずは頭の中で思い描かないと何も始まりません。時には笑われることもあるでしょうし、人に理解されないこともあるでしょう。

 

だけどウォルトディズニーが言った名言を思い出してみてください、全ては1匹のネズミから始まっているのです。

 

「私にはできない」と思い込んでしまったら人生そこまでです。諦めたら試合終了ですしね!今この瞬間に頭に浮かんでくる素敵な夢は必ず叶えることができると信じています。

 

夢を叶えるために必要な考え方

夢,叶える,考え方

Photo by Ben White on Unsplash

 

なぜ夢を叶えるのが上手い人と、そうでない人が世の中にはいるのか?それは普段からの思考や考え方が大きく違うのでしょう。

 

自分の人生を歩んでいる先輩たちを観察する中で気づいたこと、更には私が常々意識をしていることを考えてみたのでまとめていきたいと思います。

 

多少のリスクは恐れない

人生はトレードオフです。

何かを選ぶには何かを捨てなければいけませんよね?その選択に迫られたとき、果たしてあなたは多少のリスクを覚悟できますか?楽しようとしていませんか?

 

諦めることは非常に簡単である意味楽な道と言えるでしょう。だけど本当にそれでいいのですか?一度きりの人生、後悔しませんか?

 

行動力を持つ

頭で考えるだけでは何も結果に繋がりません。

考えた次は実際に行動に移す、だからこそ一歩、また一歩確実に夢に近づくのであって何もしないままではその場に停滞するだけになってしまいます。

 

自分の足を使って、行動にうつす

 

そうして少しずつ人生はより良いものになっていくのだと思うのです。

 

人生逆算をする

私の夢の一つに「家庭を持つ」ということがありました。

だけど海外移住も諦められないし、パートナーも欲しいし!と考えているうちに”今の自分に必要なこと”を考えた結果、まずは一番難しそうな婚活を始めてみることにしたのです。

 

 

海外志向だった私はあえて国際恋愛をするために、外国人と出会えるアプリを使用したり、イベントに出かけたりして自分が戦う(恋愛市場)を明確にしたのです。

 

 

その中でも、本当に奇跡的に現在の彼と出会い、今に至るのですが、彼となら私の理想の人生を歩めそう、幸せな家庭を築けそうと率直に思いました。

 

 

なので、まずは夢をいくつも持つこと、そこから逆算をして、今すべきことにコミットすることが近道だと思いますし、確実な方法だと思います。

 

必要なことから攻めていく

人に言われて、ではなくて「人生の優先順位は自分で決める」のです!誰にもあなたの生き方をコントロールすることはできないので心配無用。

 

結婚したいなら婚活をする、海外に行きたいなら手段を考える、5年後、10年後自分はどうなっていたいのか?を考えて、今することを優先させるのです。

 

私の場合は、大学にも行きたいし、キャリアも積みたいし、家庭も持ちたい!と随分わがままな女ですが、だからこそ家事や育児に協力的な欧米男性、女性が社会進出しやすいアメリカ、どうせ大学に行くならアメリカがいい!

 

しかも、何を専攻しよう?→4年後オーランド行くならビジネス専攻して、観光業に復職したい!と色々と逆算をしながら、彼との素敵な人生を考えています。

 

まずは早く一緒に住めるようになることが第一優先

 

離れていても彼との時間を大切にしたいので、融通が利くアルバイトで現在は働いており、今の仕事の優先順位は低いです。

 

夢追い人はアメリカへ行く

アメリカ

Photo by frank mckenna on Unsplash

 

なんだかんだ、海外に憧れる人ってアメリカに行くような気がします。私も完全にそっち側なのですが、ディズニー関係で働くなら本場のアメリカがいい!だとか、スケールでかい人生を歩んでみたい!だとか意欲がそのまま生きざまに現れるんですよね。

 

だからこそ歴史が浅いにも関わらず世界一を誇っている国なわけで、永住まではいかなくても留学とか旅行でアメリカに行きたい人は多いのではないでしょうか?

 

 

<外国人と真剣な出会いを探すならPairsがオススメ!>

 

現在では多くの人が自宅にいながらスマホ一つで世界中の人と知り合えますし

マッチングアプリで出会って晴れて結婚をするカップルもいるのがこの令和時代です。

 

出かけたくない、お金使いたくない、そんなわがままな人でもマッチングアプリなら大丈夫◎

 

pairs3

 

 

妥協を知らない私の人生

「やる!と決めたらやる!」がモットーなのですが(自分の好きなこと前提)、せっかく命あって健康に生きていられるんだから、限りなく貪欲に夢は叶えたいんです。

 

多くの人が大人になって、結婚すれば自分の人生を諦めてしまうじゃないですか?私はあれが嫌で例え30代、40代になっても欲しいと思ったことは手に入れたいんです。

 

子供ができないからだだとしたら、きっと養子で子供を迎え入れると思いますし、キャリアだって諦めたくないからこそアラサー、アメリカの大学に進学しますしね。

 

それでいいと思う。

 

人さまに迷惑をかけずに道心を持っていればある程度、自由に生きたいように、望むように生きていくためには「夢を叶える力」は必要だと思うんですね。

 

テーマパークの本場で夢を叶えたい

ディズニー

Photo by Leópold Kristjánsson on Unsplash

 

一時は保育士になろうかと思っていたけれど、やっぱり本場のディズニーで働きたい!このモチベーションが今後の数年間、今度はアメリカの大学生活を支えてくれるはずです。

 

大人が夢を見てはいけない!って誰が決めたのでしょうか?私は、大人こそ夢を見て、目標に向かい、生き生きと生きる姿を子供に見せる義務があると思っています。

 

いつか子供ができたら、自分の子には「夢をもちなさい、あなたなら叶えられる」と言ってあげたいのでまずはその為にも”私”が夢を叶えなければいけません。

 

アメリカで働く姿をずっと夢みてきた。

 

色々な人との出会いが、私の人生をここまで運んでくれたのは間違いないので、これからも彼に感謝して、家族に感謝して、次はフロリダでの夢を叶えるために奮闘したいです。

 

夢を叶えるのは自分しかいない

他人が私の夢を叶えてくれたらどれほど楽でしょう。

だけど、夢って追いかけている最中が楽しくて、掴んだらまた新な夢に向かって突っ走る、本当にそれの繰り返しだと思うのです。

 

だからいくつあってもいいし、どれだけ時間がかかってもいいと思う!時には諦めてしまうことがあったとしても、休憩してまた進めばいいじゃないですか?私はそう思う。

 

夢を叶えるには努力とタイミング、ご縁がつきものですから自力ではできないこともあるでしょう。だけど諦めずに行動していればやがて大きなチャンスはやってきます。

 

その小さな成功体験の積み重ねが、やがて自信に繋がると信じて、引き続き家族、キャリアの理想を追い、大切な彼と一緒に申し分ない人生を歩めるように精進していきます。

 

 

 

 

コメント

  1. […] ディズニーとユニバの人事担当者との出会いもありましたし、自分より若い子たちの感性や考え方を知るきっかけにもなったので非常に面白い経験ができました。 […]