【ブログ初心者2ヶ月目】ブログを30記事書いて分かった大切な10のこと

ブログ,大切な事.2ヶ月目ブログ

 

みなさんこんにちは!ブログ歴間もなく2ヶ月を迎えるAOIです。

自粛生活はいかがお過ごしでしょうか?

家で過ごすことが増えたかとは思いますが、これを機にブログを始めてみたい!という方向けに30記事を書き終えて分かった10のことやブログを書く上で大切だと思うことをシェアしていきます。

 

私自身、始めの数日間はよく書けて2,000文字程度でしたが今ではかろうじと4,000文字以上は毎回書くように意識をしており、日々の積み重ねで成果が見られるようになってきました。

 

「もともと書くことが好き」や「私も何かを発信したい」と思う方にはぜひブログを始めることを全力でオススメしますし、最近では毎日の日課になりつつあるので生活の一部にしてみてはいかがでしょうか?

 

それではブログを書く上で大切な10のことを挙げていきますね~っ!

 

 

 

ブログを30記事書いて分かった10の大切なこと

ブログ,大切なこと

Photo by Kelli Tungay on Unsplash

 

当初は勝手が分からず今読み返しても内容が充分でない記事も多かったのですが、リライトしつつ過去の記事も温め直している最中ではありますが、やはり何事も「継続は力なり」だと思います。

 

たった2ヶ月、30記事を書き上げた身分で偉そうには言えないのですがそれでも小さな積み重ねで変化が生まれるものです。

 

例えばグーグルマップやYoutube動画を挟めるようになったり、ページレビューが増えていたり開始1日目と2ヶ月経った今では明らかな成果が数字で見えて分かります。

 

ある意味ブログは私にとって自己肯定感を高めるツールになっているので何度も言いますがオススメできます!それでは長引きましたが私が感じる10の大切なことをお伝えしたいと思います。

 

毎日更新にこだわらない

サイクル,毎日のこと,毎日更新,ブログ

Photo by Chris Kendall on Unsplash

 

よく有名なブロガーさん達がこぞって言う”毎日更新”ですが私は必要ないと思っています。

と言うのも全く更新しなくていいわけではなくて、多くても週休2日ペースで書いているのですが

やはり毎日ブログのネタを考えて3時間近く時間をかけて書く作業は普通のお仕事をしている方にとって無理がある話だと思うからです。

 

私も最初は毎日更新に意気込んでネタを調べて、考えては机に向かっていましたが「これを皆さんに伝えたい」という熱意なしには良い記事が書けないことに気がつきました。

 

書きたいことが浮かんだ時に書く(ある程度ネタを探す努力は必要)スタイルが丁度良いというかブログを嫌いになってしまったら元も子もないので自分のペースを掴むことが大切だと思います。

 

完璧さを求めない

完璧さ,パーフェクト

Photo by JOSHUA COLEMAN on Unsplash

 

文章を書くにあたって単語の使い方や文言の言い回しなど考え出すときりがありませんし正解を求めすぎると堅苦しい印象を与えかねないのである程度楽しむことが最優先なのかなと思います。

 

慣れてくると大御所のブロガーさん達は話し言葉で語りかけるように書いていらっしゃるので「あ、こんな感じでいいんだ」と最近ようやく要領が分かってきたところでもあります(笑)

 

例えば写真の使い方やSEO対策のキーワード一つにとってもネット界ではマニュアルやお手本が山ほどありますが私が思うに「正解の型にハマリすぎ」ても味が出せないんじゃないかなって・・・

 

あくまでも顧客目線でニーズに合った内容を楽しく面白く伝えられるようになってきてのようやく専門知識や対策になるので、まだまだ自己表現には苦戦中ですがゆる~く書いていきたいです。

 

自分が書きたいことと読者のニーズのバランス

バランス

Photo by Martin Dawson on Unsplash

 

これ、すごく大事なことだな~っとつくづく思います。

 

自分が書きたいことを書くのが一番続くポイントだとは思うのですが何者か知らない私の日記なんて興味持たれないでしょうしある程度、話題性のある内容で「なにそれ?知りたい!」って思わないと読んでもらえません。

 

だからこの絶妙なバランスがとても大切ですし難しいところでもあるのです。

 

やっぱり読んでもらえるからこそ書き続けられるわけで、それが日記だったら普通の日記帳に書けばいい話なのでまさしくターゲット決めやコンセプトと言ったビジネス要素が必要にもなります。

 

「個」を出すことの難しさ

個性,アイデンティティ

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash

 

文章って相手の顔も見えない中で自分の伝えたいことやそのニュアンスを言葉で操らなければいけませんよね、これって結構難しいのです(笑)

 

私がいつも読んでいるブロガーさん達は本当にユーモアに溢れていて”会ったことがなくてもその人の人柄が分かる”のが前提でいつも楽しませてもらっています。

 

この領域に辿り着くまでがなかなか長いのです・・・

 

もちろんデザインや使用する画像でその人らしさが出るのですがやはり一番は「文章」です。

 

読み手にとって引き込まれるような記事を書けるようになるにはきっと何年も続けていく中で得られるスキルなんだと悟りました。

 

書き続けると読んでくれる人が増える

やはり何事も”続けることが重要”とはよく言いますがまさにブログはその通りだと思います。

 

毎日レビューをチェックしますが、更新しない日でもわざわざ私のブログを訪問して読んでくださる人が日に日に増えてきました。

 

確かに「これは傑作の記事だ!」と思ってもヒットするとは限りませんし費用対効果を考えると割に合うものではありません。

 

「副業」をしたいのであれば近くのコンビニで働くほうがよっぽど効率が良いですがそれでも時間をかけて発信するからこそ読んでくれる人に伝わるのも事実です。

 

結論、ブログは書く事が好きな人以外には向かないと思います。

 

コツコツと目の前の見えないお客様に対してニーズをくみ取りつつ好きなことを発信し続けるメンタルと時間の使い方、ブログの位置づけそのものが高い人こそ合っているのでしょう。

 

必然的に知識が増えていく

知識,本

Photo by Patrick Tomasso on Unsplash

 

今日決めたタイトルに関して記事を書こうと思うと、小一時間ほど調べなくてはいけません。

 

例えば今日私が調べていたのは「夫婦のパワーバランス」について!これは先日アメリカ人の彼と話す中で夫婦の収入格差がパワーバランスを崩す?ということを議論したのでネタにしようと調べていました。

 

見つかった記事は「パワーバランスが崩れる原因」とか「夫婦の財布はどうしてる?」とか

 

「財布を分けることのメリットとデメリット」などなど、一つのお題に対して無数の記事があるので読んでいるだけで知識が増えますし豆知識として何らかの場面で活躍することもあるでしょう。

 

2ヵ月間書き続けた結果、調べる癖がつき物事に対する見方が変わる事もありました。

 

ウケを考えすぎるとドツボにはまる

読者目線に立って書く事は大切ですが、経験上ニーズばかりを気にすると書けなくなります。

 

このテーマで書きたくても自分が興味なければ情熱を持って書く事が難しくなり、それが結果相手に伝わらないとなると損した気分になってしまいますよね。

 

先ほど述べた通り「個性」と「ニーズ」のバランスを考えていかにして読みやすく、読んでいて楽しいか?という視点を持つことが大切なんだと思いました。

 

過去の自分に向けて書く大切さ

過去

Photo by Smart on Unsplash

 

私はいつも何かを書くときに気を付けていることがあります。

 

それは「過去の自分に向けて書く」=「何も知識がない人にとって分かりやすいように書く」ということです。

 

例えば国際恋愛ネタや英会話ネタは昔の自分(海外に行ったことがなくて外国人と恋愛をしたことながかった時)に向けて読んだだけで理解できるように書くことを心がけています。

 

いくらブログは自己満と言ってもやはり読み手ありきなのでそんな時に対象にしやすいのが”過去の自分”なのです。

 

自分がメディアとなって発信する以上は誰が読んでも分かりやすいような内容をある程度詰める必要はあるかと思いますし、自分や友人宛にお手紙を書く気持ちで綴っています。

 

スマホユーザー重視で書く

これは私がここ最近で一番気を付けていることです。

 

ついついパソコンで書いているのでPCユーザー向けの文構成や見栄えになってしまいがちですが、ほとんどの読者の方はスマホからなので改行や文字数に気を付けるようにしています。

 

意外とこれが盲点なのですが、もし私が読者だとして、タラタラと改行もなく文が並んでいたら読む気になれませんしすぐに閉じてしまうでしょう。

 

ささいなことですが過去の自分に教えてあげたい教訓ですのでみなさんも意識してみてください。

 

人間関係の断捨離になる

交友関係,友達,フレンドシップ

Photo by Felix Rostig on Unsplash

 

ブログって自分の好きなことやオピニオンを発信するので、次第に自分と合う人とそうでない人がはっきりしてくるのです。

 

もともと私はFacebookやタイムラインで自分の意見や見解を投稿するタイプの人間だったのでもちろん”私と合わないと思った人”からは友達リストを外されたこともありました。

 

逆に「その意見に共感できる」や「いつもブログ見てるよ」とわざわざ連絡をくれる友人もいるので本当に繋がっていたい友達を整理するにはとても良いと思います。

 

後、よく言われることですが「発信活動」ってなかなか多くの人ができることではないそうです。

 

私の持論では「私はこう思う」がしっかりと言えない人とは腹を割った付き合いはできないでしょうし双方にとって有意義な時間が生まれるとも思えません。

 

私自身しっかりと自分を持っている人が好きですし仲良くなりたいな、と思うので自分が何かを発信するということは同時に似た人を惹きつけることだと思います。

 

以上で10の大切なことを述べてみました!いかがでしたでしょうか?これらの事がこれからブログを始めたいという方の目安?マインドの例?になればとっても幸いです。

 

何よりまずは”慣れること”が重要だと思いますしブログは何度でもリライトできるので実践あるのみだと思って好きな事を書いてみましょう。

 

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう!See you next time.

 

 

コメント