恋の駆け引きがあまりにも無駄すぎる!ドラマクイーンになってない?

恋の駆け引き,無駄,こじらせ女子国際恋愛
スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは。

アメリカ人パートナーと国際遠距離恋愛中のAOI(@shumemories)です。

 

今日は若者の間で流行っている”恋の駆け引き”がどれだけ無駄なのか?ということを論破しようと思い立って朝から記事を書いています(笑)

 

いやね、私も昔はあったんです。LINEニュースにある恋愛コラムを鵜呑みにして、色々なテクニックを覚えてみたり実際に使ってみたり・・・だけど上手くいった試しがないし、むしろ疲れるし。

 

そんな経験がある私が今日は、良い国際恋愛をする為の基本について伝授したいと思います。

 

それではレッツゴー!みなさんが素敵な国際恋愛をできますように

 

スポンサーリンク

駆け引きをするとドラマクイーン認定される

カップル,夫婦,喧嘩,険悪,

 

みなさん、ドラマクイーンという言葉をご存じでしょうか?

これは英語圏ではよく使われる言葉で、日本語で言えば”メンヘラ”というニュアンスが近いのではないでしょうか?どのちみ良い意味で使われることはなく、懸念されがちな女性を指します。

 

Drama queen:英語のスラングの一種で、自分がドラマのヒロインであるかのように、大袈裟で同情を誘うような、感情的な振る舞いをする女性のことを言う。

 

よく日本の恋愛マニュアルでは、連絡の返信を遅らせる!や、初回のデートは短時間で済ませる!や好意を匂わせる素振りをする!や、他の男の影をちらつかせる!
などなど無数の戦略があるのですが、このような事を欧米人にするとドン引きされます(笑)

 

まさにドラマクイーンに認定され、まともにコミュニケーションが取れず、厄介者扱いされてしまうのがオチですし、やはりお互いのメンタルにも良い影響を与えませんしね。

 

「ちょっとミステリアスな方が魅力があっていい」
と言うのをドラマクイーンと勘違いしてしまうとせっかくの素敵な恋愛が台無しになります。

 

一晩だけの淡いアクシデントなら良いかもしれませんが、今後人生のパートナーとして共に歩んでいきたいと思うのならば、ぜひとも恋の駆け引きというやらは封印しましょう。

 

デーティング期間を有効的に使おう

国際恋愛 外国人 で検索をするとたくさんの国際恋愛に関する記事がピックアップされます。

その中には必ずと言って良いほど記載がある、このデーティング期間についてご説明します。

 

私たち日本人の場合、知り合って恋人になるまでのプロセスとして、ほとんどが一人の相手に対して段階を踏み、晴れてカップルとなるケースが主流ですよね。

 

日本の場合:①知り合う⇒②好きになる⇒③告白をする⇒④恋人になる

 

しかし欧米では、恋人同士になるまでに何人ともデートを重ね一人の人を見極める吟味タイムのことをデーティング期間と言います。

 

ですから、デートをしただけではカップル成立とはならず、この時期に「本当にこの人は自分と合うのか?」を見極めるのです。

 

欧米の場合:①知り合う⇒②デートをする(複数OK)③⇒一人に絞る⇒④恋人になる

 

カップル,浮気,三角関係,夫婦

 

このデーティング期間中にはもちろん複数の人と体の関係を持つことも基本的にはOKとされていますが、欧米人だからと言っても人それぞれです。

 

私の彼のように、同時に複数の人へ目を向けるのを嫌う人もいるので、始めのうちに相手に尋ねてみましょう。

 

関連記事>>【保存版】欧米には告白文化がない!?マッチングアプリで外国人彼氏を作る方法

 

まずは人生設計の目線合わせをしよう

では、このデーティング期間をどのように上手く使うべきなのか?を深堀していきますね。

 

出会ってから数ヶ月、互いに恋の駆け引きをし続けるのはあまりにも時間がもったいなく、また無駄なエネルギーを消耗してしまうことになります。

 

お互いに好意があれば、なるべく早い段階で話し合い、一歩踏み込んだ関係性に努めましょう。

 

私の場合、出会ってすぐに「私は遊びの恋愛なんて探していない、人生を共に歩めるパートナーを探しているから、貴方がそうでないなら連絡を取ったり会うことは時間の無駄だからできない」と伝えました。

 

 

どのようなパートナーシップが理想か?
今の彼とはなるべく初期の段階でこの事については何度も話し合い、目線を合わせました。
「専業主婦がいい?それとも働きたい?」や「休日の過ごし方」などとにかく自分の”これが理想のカップルだ”というものを出し合い、価値観を擦り合わせていくのです。

 

結婚に対する意思があるかどうか?
こちらも今後付き合う中で最も大きな共通認識になりますよね。
片方が結婚の意思があっても、もう片方になければ意味がありません。
それこそ時間の無駄になり、後になって「こんなはずじゃなかったのに!」と思わなくて良いように話し合うのです。

 

私たちの場合、何年後ぐらいに結婚したいか?など具体的な時期まで話し合いました。

 

お互いを知る為に1年~1年半ほど、遠距離をしつつオンラインデートをしながら仲を深めていこうね。
という結果に辿り着いたので後は、今後の理想の生活について話し合いを進めます。
*オンラインデーティングについては後ほど説明します。

 

生活の基盤はどこに作るのか?

国際恋愛に関わらず、遠距離恋愛をしている人は必ず通るであろうこの問題。

私の彼はアメリカに住んでいるので「二人で生活を始める時はどこに住む?」を事前に話し合うのです。

 

これは例えば、私がアメリカへ移住する意思がないにも関わらずデートを繰り返していては相手の時間を奪っていることになります。

 

どちらかがどちらかの地域(国)へ移動しなければ、そもそもスタートできないので重要ポイントですし、合わせてお互いの仕事事情も話し合っておきましょう。

 

私の場合彼の仕事がアメリカの政府と契約をしているエンジニアなので、どうしても会社勤めになるため、アメリカ以外に住む事は現実的ではありませんでした。

そうなると必然的に私が日本を離れることになります。

 

しかしアメリカ国内ならばどこでも転勤が出来る為、2人で5年後にオーランドで家を買うことを目標に今はお互い仕事を頑張るときだと思って、夢見る生活に向けて話を進めています。

 

何年内にどこに住む」と具体的な内容で話し合いができればなお良しだと思います。

 

子供は欲しいか?いつ?何人?
外国人,赤ちゃん,驚き,びっくり
こちらも是非とも話し合っておきたい内容ですね。

 

付き合っていて結婚してから「子供が欲しい or 欲しくない」で揉めるのは何ともおかしな話。
・結婚してからどれぐらい経ってから欲しいか?
・何人ほど欲しいか?
など具体的にお互いの意向を確かめ合っておけば、後に起こるトラブルの回避になりますね。

 

何よりも家庭の理想像が見えるようになるまで、トコトン話し合い、それを楽しむことが重要だと思いますし、付き合っていく中で喧嘩を避けれる要因にもなります。

 

宗教について話しておく
世界には様々な宗教を信仰する人、または食に対するポリシーを持っている人がいます。

 

宗教上、食べれないものがあったり、儀式があったり、決まりがあったり、人によっては信仰具合にもレベルがあるので、例えば中には付き合っていても体の関係を持つ事が禁止されている・・・
なんて人もいるので、こちらも合わせて話し合っておきましょう。

 

とくに移民大国のアメリカやカナダでは、世界中から移民が集まり、自国の宗教や文化、歴史に重きを置いている人もたくさんいます。

 

付き合ってから、一緒にご飯を食べるのはベジタリアンフードだけ!や、結婚式のスタイルは仏教なのかキリスト教なのか?などなど・・・
無宗教と言われる日本人だからこそ、相手との宗教信仰に関する温度差が生じやすいのです。

 

オンラインデートを屈指しよう

オンライン,パソコン,マッチングアプリ,オンラインデーティング

 

国際恋愛と言えば、遠距離恋愛をする人も多いことでしょう。時には国と国を跨ぐこともありますよね。5Gが来ると言われている現代において、使えるものは使ってやろう!という意気込みが大切になってきます。

 

今では無料でテレビ電話やメッセージの交換、ビデオや写真を共有することもできます。

例えば、これまでの国際恋愛を振り返ってみても、マメな人が多く、物理的距離が離れていても朝、昼、晩に必ず連絡を取り合い、1日に1回はビデオ通話をすることがほとんどでした。

 

ビデオ通話を通して一緒にコーヒーを飲んだり、ご飯を食べたり、外を歩いてデートしたり(笑)

 

面白い時は片方が京都を案内中にもう片方はニューヨークを案内するというシチュエーションもありましたしね。

オンラインを屈指するからこそ、オフラインで会った時はより楽しめますし、話題が尽きず心が離れている気がしないものです。

 

 

オンラインで出会いを見つける

現在では外に出かけなくてもスマホ一つで運命の出会いが手に入る時代になりました!「出会いがない」と言う前にまずは「出会い」の場を自ら求めることが大切です。

 

出会う量を増やすことで、”あたなにとってたった1人の運命の相手”に出会うのだと思います。ペアーズは、毎月約8,000人に恋人が出来ており、結婚された夫婦・交際に至ったカップル25万人以上の実績を誇っている安心、安全のサポートが充実したマッチングアプリです。

 

とくに20~30代の真面目にパートナーを探している男女が多数登録しており、今日もこの世界のどこかにいる「運命のパートナー」を探しています。

 

・真剣な会員が多いからプロフィール情報が豊富

・豊富なプロフィール情報をに加え、検索機能が充実しているので理想のお相手を探しやすい(住居地を海外に設定すると外国人男性と繋がれます)

・コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる

 

より短期的に、真面目な男性と出会いたい!真剣な交際をしたいという方は、登録後、年齢確認を必ず行うことで信憑性のあるプロフィールとなり、マッチング率が上がるはずです。

 

実名は表示されない上、Facebookの友達には出会わないような仕組みがあるため、知人にばれることなく始められるのも大きなポイントです。

 

今年こそ、共に人生を歩めるような素敵なパートナーを、手軽にコストをかけずに探してみませんか?ペアーズは女性は無料で登録できますし、一番オススメしているアプリです。

 

pairs3

 

国際恋愛のメリット

 

自己肯定感が上がり、ポジティブになる

何度もこのブログで言ってはいるのですが、英語を使う欧米文化では相手のことをよく褒め、想いをストレートに伝えるので、「今日も美しいね」「君の支えで仕事が頑張れるよ」と毎日言われ続けると自己肯定感が爆上がりします。そして結果、ポジティブな女性へとなれるのです。

 

英語力の向上に繋がる

毎日のメール、電話の全てが英語でやりとりされる為、英語力の向上に繋がります。分からない単語や言い回しは日々丁寧に教えてくれるので、何気ない中で学びがあります。

 

夢が膨らむ

海外に移住をする、理想のパートーナーシップ、マイホームはプール付き、などなど毎日このような話を一緒にしていると、夢が膨らみますし、仕事を頑張るモチベーションにもなりますよね。

 

国際恋愛のデメリット

 

ミスコミュニケーションが勃発する

英単語の使い方やニュアンス一つで勘違いされたり、誤解を与えてしまうことがあります。ですので都度、経緯を説明し、和解できるようコミュニケーションをとることが重要になります。

 

遠距離恋愛をせざるを得なくなる

どうしても物理的な距離の問題が生じます。会えないことに悲観しても仕方がないので、いかに遠距離を楽しむか?オンラインデーティングを使いこなすか?が運命の分かれ道になるでしょう。

 

文化の違いからすれ違うこともある

私も最初の内はデーティング期間や外国人の恋愛観に戸惑うことも多くあり、喧嘩をしたこともたくさんありました。しかしそんな経験を得て、話し合うことの重要性を実感した結果、今の彼とは喧嘩をすることもなく、毎日平和に過ごせています。

 

それでもやっぱり国際恋愛は楽しい

日本人同士のお付き合いと国際恋愛では圧倒的に色々なことのスケールが違ってきます。

 

 

里帰りは日本と相手の国の2ヶ国になりますし、バケーションはお互いの国にそれぞれ1週間ずつ滞在し国内旅行をすることになります。必然的に年に一度は海外に行くことになりますね。

 

共通の話題もお互いの国についてや、世界各国について話すので視野が広がりますし大変なことも多い国際恋愛ですが、私はお勧めできます。

 

毎日が異文化交流のような寛大な気持ちで相手を受け入れ、尊重しようと心がけるきっかけにもなるので、その後の国際交流や外国人の友達との付き合いにも活かされます。

 

当ブログのオススメ

 

とは言ってもそもそも外国人とどこで出会えるの?

 

私も以前はそんなことを疑問に感じていました!このアプリに出会うまでは!

 

外国人と真剣な出会いを探すならペアーズがオススメ!

 

今のテクノロジーが発達した世の中、多くの人が自宅にいながらスマホ一つで世界中の人と知り合えますし女性なら登録・利用すべて無料です。

 

マッチングアプリで出会って晴れて結婚をするカップルも半数以上いるのがこの令和時代です!出かけたくない、お金使いたくない、そんなわがままな人でもマッチングアプリなら大丈夫◎

 

pairs3

 

年齢確認をしっかりとした上で、実名は公表せずに真面目に婚活をしている男性と出会えますし、結婚相談所に比べれば、コスト0で運命の相手に出会えるチャンスです。

 

これを機に、あなたの人生、今日から少し変えてみませんか?

 

コメント